マツダの国内向け最上位クロスオーバーSUV「CX-8」導入前に一部外観を披露

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内向け新世代商品として初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部初披露

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、2017年中に発売予定の国内向け新世代商品として初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-8』の外観を一部公開した。

この『CX-8』は、マツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなる。

『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車と共に上質さを求める個客への新提案となる。

デザインについては、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させたと云う。

その仕様は、国内に於ける最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねた。

「マツダ CX-8」の諸元(一部)
外寸(全長 x 全幅 x 全高): 4,900mm x 1,840mm x 1,730mm
ホイールベース :2,930mm
エンジン :SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
トランスミッション :SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)
乗車定員 :6名/7名
※寸法は社内測定値