ポールスター・シアン・レーシング、ボルボでWTCCに参戦


expands-volvo-the-service-contents-of-the-owner-for-the-original-car-insurance20150629-4-min

ボルボが、中国やドイツ、日本、ロシアといった主要市場を股に掛けて世界的な選手権でバトルを繰り広げることに

ポールスター・パフォーマンスABを買収したボルボ・カーズ(本社:ヴェストラ・イェータランド県・イエテボリ、CEO:ホーカン·サミュエルソン、以下ボルボ)と、ポールスターの公式パートナーであるシアン・レーシングによる「ポールスター・シアン・レーシング」が、2台のボルボS60ポールスター・レーシングカーを投入し、2016年シーズンより複数年計画でFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦する。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-7

ボルボはシトロエン、ホンダ、ラーダと共に、新世代のTC1で戦う。

ポールスター・シアン・レーシングは、2015年の残りをテストとS60ポールスターTC1の向上にあて、来季からのWTCC参戦に備える。ドライバーのラインナップは今後発表される見込みだ。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-6

TC1レギュレーションがマニュファクチャラーにとって魅力的であることの証明となった(FIA・ジャン・トッド会長)

FIAのジャン・トッド会長は、「WTCCの新たなマニュファクチャラーとしてボルボを歓迎できてうれしく思います。

過去歴史を踏まえ、ボルボはツーリングカーとして著名な存在であり、技術と安全の双方に於いても名声を有しているWTCC参戦に適したマニュファクチャラーです。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-12

彼らの参戦は、WTCCのさらなる成熟と、TC1レギュレーションがマニュファクチャラーにとって魅力的であることの証明になります。

私は、ボルボとS60 TC1、そしてWTCCが一緒に素晴らしい成功を収められることを願っています」と語った。

WTCCにとって大変な名誉である(ユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表)

一方、ユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、「ボルボはツーリングカーレースにおいて大変な名門であり、世界的なプラットフォームとして選んでもらったWTCCにとって大変な名誉なことです。

今日に於いても優れたデザイン、シャシー、エンジンの真剣なマニュファクチャラーでもあります。

ツーリングカーの最高峰に加わるポールスター・シアン・レーシングを我々は歓迎します」と述べている。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-4

さらにリベイロ代表は、「WTCCは、FIAがTC1レギュレーションを導入し、シトロエンが参戦したことで、短期間のうちに技術的・スポーツ的に水準が高まりました。

マニュファクチャラーたちはまったく恐れず、ラーダも完全にアプローチを変え、ホンダはさらなる向上を目指すようになっています。

今度は、ボルボがTC1マシンの製造とWTCCという挑戦に臨むことになります。それは非常にハイレベルな『競争』という厳しい環境下に於ける走る実験室とも云えるものです。

2016年は、レースにおける我々ボルボの象徴であるシアンブルーが、WTCCに加わるのです」とつけ加えた。

目標は、スウェーデンに世界タイトルをもたらすこと(ポールスター・アレクサンダー・ムルゼフスキ・シェドビン氏)

これを受けて、ポールスターのモータースポーツ部門責任者であるアレクサンダー・ムルゼフスキ・シェドビン氏は、「WTCC参戦を発表でき、ポールスター・シアン・レーシングの我々全員にとって素晴らしい日となりました。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-3

そんな私たちが目指す目標はただ一つ、スウェーデンに世界タイトルをもたらすこと。

我々はこれからの任務に敬意を払い、仕事に専念していきます。これは年間を通した長期計画であり、我々にとって初年度となる2016年のWTCCは、全線を通して、すべてが学びの場となるでしょう」と述べている。

WTCCに参加することにより、ボルボのテクノロジーをさらに前進させる(ポールスター、ニールス・メーラーCOO)

続けてボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターのニールス・メーラーCOOは、「私たちはボルボ・カーの最先端テクノロジーと全世界でのエキサイティングなレースとを融合させるグローバルなモータースポーツのプラットフォームとしてFIA WTCC(世界ツーリングカー選手権)を選択しました。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-13

WTCCに参加することにより、ボルボのテクノロジーをさらに前進させ、その開発結果を直接サーキットから、パフォーマンス指向の強いお客様に向けた製品にフィードバックしていくことも可能になります」と語った。

同発表は、空飛ぶレンガによるタイトルを獲得30年の節目の年に公表された

ちなみに、この一大発表は、ボルボが“フライングブリック”(空飛ぶレンガ)と呼ばれたボルボ240ターボで、1985年ヨーロッパツーリングカー選手権のタイトルを獲得して、30年目を迎えた節目に行われた。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-8

時を経て2016年、今回の参戦により、これまでの歴史とともに、ポールスター・シアン・レーシングは、新しいボルボS60 Polestar TC1レーシングカーによって、ワールドチャンピオンの獲得をするべく、新しい挑戦へと向かっていくことになったのである。

なお冒頭にも記載したが、シアン・レーシングは、ボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターの公式モータースポーツパートナーであり、その協力関係は1996年に始まる。

過去にSTCC(スカンジナビアン・ツーリングカー選手権)の6度のドライバータイトル、合わせて7度のチームタイトルを獲得。直近でも2015年まで3年連続でSTCCのダブルタイトルを獲得している。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-20

2011年のWTCCのテスト参戦のあと、2シーズンはオーストラリアのV8スーパーカー選手権を戦ってきたが、2016年はポールスター・シアン・レーシング初の世界選手権での複数年計画のスタートとなる。

この大きな挑戦に対し、我々は既に一定の評価を得ている(シアン・レーシング、クリスチャン・ダールCEO)

シアン・レーシングのクリスチャン・ダールCEOは、「かつて240ターボは、1980年代半ばにオーストラリア、フィンランド、ドイツ、ポルトガル、ニュージーランド、スウェーデンのサーキットを制しました。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-1

当時ボルボは4気筒ターボエンジン車で参戦し、BMW、ローバー、ジャガーのような6気筒、8気筒、12気筒のエンジンを使っているメーカーに対し、そのダウンサイジングターボのコンセプトの強さを証明してきたのです。

そうして迎えた今日、私たちは、これから待ち受ける世界選手権のタイトルを取るという大きな挑戦に対し、一定の評価を得ています。

これは長きにわたる奮闘の成果であり、これまでも冬季は徹底的なテストプログラムを実施してきましたが、学びの年となる2016年のWTCCの最初のシーズンに向けて、この冬もテストが続けられています」と、語っている。

早く2016年のWTCCで勝利を目指して戦いたい(シアン・レーシング・エンジン開発責任者、マティアス・イベンソン氏)

なお新しいボルボS60 Polestar TC1レーシングカーは、240ターボの伝統を継承し、新たに開発した400馬力の4気筒ターボエンジンを採用しており、このエンジンはボルボ最新のDrive-E(ドライブ・イー)エンジンファミリーの最先端テクノロジーをベースとしている。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-10

開発チームの現場を采配するシアン・レーシングのエンジン開発の責任者、マティアス・イベンソン氏は、「WTCCの汎用エンジンを使わず、ボルボ製のエンジンをベースとして開発することには何の躊躇もありませんでした。

ボルボのエンジンは、パワー、技術、耐久性の面でレース目的に適しており、すでにSTCCやV8スーパーカーやWTCCでそれは証明されています。

Drive-Eエンジンは低フリクション技術や、新しい素材を使用しているといった点で、パーフェクトな実例です。

私たちはこのエンジンをロードカー用とほぼ同じタイミングの開発初期の段階からレーシングプログラムでも多くの開発作業に活用してきました。

今は早く2016年のWTCCで勝利を目指して戦いたいと、うずうずしているところです」と語った。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-11

加えて現時点で判明している内容では、STCCチャンピオンの座に君臨するテッド・ビョーク、STCCで3度チャンピオンになったフレドリク・エクブロム、それに複数のSTCCレースで勝ったロバート・ダールグレンはWTCCプログラムの開発作業を担当する。

ドライバーのラインナップなど、2016年WTCCでのポールスター・シアン・レーシングの詳細は、後日改めてリリースを発信予定だ。2016年のWTCCは12ラウンドで開催。暫定日程は間もなく発表される。

補足事項
ポールスターとシアン・レーシングについて
ポールスターはボルボ・カーのパフォーマンスブランドであり、シアン・レーシングはポールスターの公式モータースポーツパートナーである。

ボルボ・カーはポールスター・パフォーマンスABを買収し、同社はポールスターのコンプリートカーからポールスター・パフォーマンス・パッケージといったパフォーマンス・アクセサリーまで、さまざまな製品を手掛けている。

participated-paul-star-cyan-racing-in-wtcc20151017-9

ボルボ・カーは、ポールスターのレース部門を買収しておらず、現在はシアン・レーシングという名称で、引き続き、クリスチャン・ダール氏が所有している。

2016年、ポールスター・シアン・レーシングの戦いの場は、2016年FIA世界ツーリングカー選手権、オーストラリアのV8スーパーカーシリーズ、スカンジナビアツーリンガー選手権に参戦予定。

WTCCについて
WTCCはWorld Touring Car Championship(世界ツーリングカー選手権)の略であり、FIA(国際自動車連盟)が公式に管轄する世界5大世界選手権のひとつ。

WTCCは世界中で開催され、シトロエン、シボレー、ホンダなどのメーカーが市販車を大幅にモディファイを施して参戦しているのが特徴。

レースは12回のレースウェークエンドに、2ヒート開催され、中国の上海国際サーキット、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェなどの各国のサーキットで行われている。シーズンは3月に始まり、11月に最終戦を迎える。詳細は以下のURLを参照されたい。