スバルラリーチームUSAから、新井敏弘選手がグローバルラリークロス選手権LAラウンドに参戦

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルオブアメリカ(SOA、※1)と、スバルテクニカインターナショナル株式会社(STI、※2)がサポートするスバルラリーチームUSAは、2016年レッドブル・グローバルラリークロス(GRC)選手権・最終戦(米国ロサンゼルス、10月8日~9日)に新井敏弘選手がスバルWRX STIラリークロスカーで参戦すると発表した。

participation-from-subaru-rally-team-usa-toshihiro-arai-players-in-the-global-rally-cross-championship-la-round20160923-1
SUBARU WRX STI、2016グローバルラリークロス 新井選手参戦車両

(※1、SOA・Subaru of America, Inc、富士重工業の米国販売子会社、所在地:米国ニュージャージー州チェリーヒル)
(※2、STI、富士重工業のモータースポーツ統括会社、所在地:東京都三鷹市、代表:平川良夫)

新井選手は1990年のデビュー以来、2005年、2007年のプロダクションカー世界ラリー選手権や、2015年の全日本ラリー選手権での総合優勝をはじめ、国内外のラリー選手権で数々の実績を残してきた日本ラリー界の第一人者である。

スバルラリーチームUSAは、新井選手に加え、デビッド・ヒギンズ選手(英国)、クリス・アトキンソン選手(豪州)の3名体制で同最終戦に臨む。

新井選手は、「今回、スバルラリーチームUSAのドライバーとして、600馬力のエンジンを搭載するWRX STIラリークロスカーで参戦できることを非常に嬉しく思っています。

GRCは以前から注目していたレースで、とても楽しみにしています。」とコメントした。