パーソナルモビリティUNI-CUB β登場のミュージックビデオ、総務大臣賞/ACCグランプリ


本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)のパーソナルモビリティ「UNI-CUB β(ユニカブ ベータ)※1」が登場する、グラミー賞受賞アーティスト「OK Go(オーケー・ゴー)」のミュージックビデオ「I Won’t Let You Down」が、「2015 55th ACC CM FESTIVAL※2」の「フィルム部門Bカテゴリー(Online Film)※3」において、最高位となる「総務大臣賞/ACCグランプリ」を受賞した。

personal-mobility-uni-cub-β-advent-of-music-videos-minister-of-internal-affairs-and-communications-award-acc-grand-prix20151029-2

ミュージックビデオでは、人と調和する新しいモビリティUNI-CUB βのユニークなコンセプトに「OK Go」のメンバーが共感し、コラボレーションが実現。同ミュージックビデオは、YouTubeのOK Goオフィシャルチャンネルのほか、特設Webサイトでも閲覧出来る。

code-award-2015-and-the-video-work-of-honda-uni-cub-β-best-craft-award20150610-5-min

personal-mobility-uni-cub-β-advent-of-music-videos-minister-of-internal-affairs-and-communications-award-acc-grand-prix20151029-3

フィルム部門 古川裕也審査委員長 講評
世界的に見て、コミュニケーションにおける映像表現の重要性はますます高まり、ウェブ上のブランデッド・コンテンツ等、CM以外の映像表現がクライアントのブランディングやプロモーションに貢献している。

そこで、テレビCMと同義だった従来の“テレビ部門”という名称を、CMを含むすべてのブランデッド・ムービーを意味する“フィルム部門”と改め、CM以外のブランデッド映像をBカテゴリーとして新設した。

評価基準は、freshness of idea。今までになかった何かを確実に含んでいることを最重要視し、若く才能あるクリエイターたちが憧れるような高いレベルの作品を選んだ。

特設WebサイトURL  

honda-personal-mobility-uni-cub-β-in-milan-italy-expo-debut20150427-5

※1「ASIMO」に代表されるヒューマノイドロボット研究から開発された、Honda独自のバランス制御技術と全方位駆動車輪機構(Honda Omni Traction Drive System:小型の複数の車輪を円周上に配置した車輪で、前後左右、斜めの移動が可能)を採用した新しいパーソナルモビリティ。
※2ACC CM FESTIVAL:一般社団法人全日本シーエム放送連盟(ACC)が主催する、50年を越える歴史を持つ国内最大規模の広告賞。
※3Bカテゴリー(Online Film)は本年より新設され、2014年7月1日から2015年6月30日までの間に、Web上で公開されている映像広告が対象。

その他の受賞作品personal-mobility-uni-cub-β-advent-of-music-videos-minister-of-internal-affairs-and-communications-award-acc-grand-prix20151029-10

Weightymattersの関連記事
デジタル広告賞コードアワード2015、ベスト・クラフト賞にホンダUNI-CUB Βの動画作品

ホンダ、パーソナルモビリティー「UNI-CUB Β」イタリア・ミラノ万博デビュー