ポルシェAG、上海モーターショー2017で中国市場限定モデルを含む5つの新型車両を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ショー開催に合わせ「ポルシェ クラブ チャイナ」および「ポルシェ モータースポーツ アジア・パシフィック」の誕生を宣言

独・ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、4月19日から開催された上海モーターショー2017で、アジア市場向けのニューモデル5車種を発表した。

特に注目すべきは、アジアプレミアとなるパナメーラ スポーツツーリスモであろう。

4ドアスポーツモデルの新たなバリエーションとして登場するこのニューモデルは、最高出力404 kW(550 PS)を発生。見紛うことの無いデザインと実用性を兼ね備えつつ、ラグジュアリーセグメントにさらなる多用途性をもたらすものとなった。

2つ目の革新的なニューモデルは、ポルシェ パナメーラ ターボ S E-ハイブリッドである。

最高出力が500 kW(680 PS)に達する世界で最もパワフルなハイブリッドサルーンが中国市場に姿を見せた。なお中国で販売されるのは、ロングホイールベースと優れたラグジュアリー性を特徴とするエグゼクティブ仕様となる。

そして3つ目のニューモデルは、中国市場のみに投入されるロングホイールベースを採用した後輪駆動の新たなスタンダードモデル、パナメーラ エグゼクティブ(最高出力243 kW/330 PS)だ。

ポルシェAGの取締役会会長を務めるオリバー・ブルーメ氏は、上海において「このモデルは、ポルシェにとって中国市場がいかに重要であるかを強くアピールするためのものです。このほか、ニュー911 GTSモデルと911 GT3もアジアで初公開しました。

また2016年の車両販売台数が65,000台を上回ったことで、中国は再びポルシェ最大の個別市場という位置づけになりました。

パナメーラ スポーツツーリスモのようなニューモデルは、こうした成功を今後も続けることができるという自信を私達に与えてくれます」と語っている。

さらにポルシェは、中国におけるカスタマーサポートネットワークの拡大を図る中で、モーターショーの開幕に合わせて「ポルシェ クラブ チャイナ」と、「ポルシェ モータースポーツ アジア・パシフィック」の立ち上げを発表した。

このクラブは、250以上の民間団体をメンバーとする統括組織であり、これらの団体がポルシェの国際的なイベントのほか、メンバー限定のサービスや様々なスポーツイベントへの参加機会を提供していく。

また、ポルシェ モータースポーツ アジア・パシフィックは、GTモデルでレースに出場するカスタマーと生産工場とを結ぶ窓口になる。

開催15周年を迎えたポルシェ カレラカップ アジアでは、10カ国から集まった26台のマシンがバトルを繰り広げる。約200万人が観戦するこのワンメイクシリーズは、この地域で最も高い人気を誇る選手権レースでもある。

先のオリバー・ブルーメCEOのコメントの通り、2016年、中国は2年連続でポルシェにとって最大のマーケットとなり、売上げが12%上昇した。

この結果、同国におけるポルシェの販売台数は65,246台となった。その中身は、2ドアスポーツモデルの人気が次第に高まりつつあることから、911の販売台数も前年比で11%の伸びを示している。

特に中国の若い顧客は、その多くが、昨年リリースされた718ボクスターや718ケイマンを選んでいる。また、マカンは22%の伸びとなっており、販売台数は 34,015台を記録した。

これは中国におけるポルシェの総販売台数の半数以上を占めている。併せてカイエンの販売台数は5.5%増加した。