ポルシェ、独での「6時間マラソン」で社会支援活動に180,000ユーロを寄付

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

3,000名以上の独ボルシェ社従業員がチャリティーマラソンに参加

ポルシェ AG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)の3,000名以上の従業員が、シュトゥットガルトの若者を支援するために、10月9日(日曜日)に開催されたポルシェ6時間マラソンに参加した。

porsche-donated-180000-euros-to-the-social-support-activities-in-the-6-hour-marathon-in-germany20161013-5

この催しに際してポルシェAGは、ランナーが1周するごとに5ユーロの寄付を行うため、参加者はチャリティーのためにできるだけ多くの寄付金を集めることを目標に走った。

累計は26,437周におよび、ポルシェが端数を切り上げた結果、寄付の総額は180,000ユーロに達した。

porsche-donated-180000-euros-to-the-social-support-activities-in-the-6-hour-marathon-in-germany20161013-4

全額がシュトゥットガルトにある子供と若者の病院の生活と食事のための新エリアの援助、オルゲール基金の2台の最新医療機器への資金提供、2017年全体におよぶユニセフ“Mobifant”プレイバスの運行、そしてツッフェンハウゼンの子供と若者のための農場の、新建物用内装に使用される。

同イベントへの参加に際してポルシェ AG社長のオリバー・ブルーメ氏は、「ポルシェはビジネスに長けた企業であるだけでなく、社会と特にこの地域の人々に対する責任を意識しています。

イベントの全収益は、私達の助けを必要としている子供たちのために提供されます」と語った。

porsche-donated-180000-euros-to-the-social-support-activities-in-the-6-hour-marathon-in-germany20161013-3

ポルシェ AGの労使協議会議長のウーヴェ・ヒュック氏は、「チームのスポーツ精神に感銘を受けました。ツッフェンハウゼンは私達の911モデルが誕生した場所です。

そんなポルシェ社の全従業員が、ここで協力してチャリティーを支援し、シュトゥットガルトのために資金を集めます。

これはポルシェの社風です。私はポルシェ チームが社会活動の資金集めのために膨大な走行距離を記録することを信じて疑いませんでした。非常に誇りに思います」と述べた。

porsche-donated-180000-euros-to-the-social-support-activities-in-the-6-hour-marathon-in-germany20161013-1

ポルシェは、この6時間マラソンに関わって2年目を迎える。イベントでは、従業員がツッフェンハウゼンの主力工場において、アイコニックなポルシェ 911スポーツカーに想起された911mのコースを完走するためにチームで協力した。

初開催となった2015年のイベントは、社会支援活動のために総額175,000ユーロを集めた。