ポルシェ ジャパン、911カレラ・718ボクスター&ケイマンのリコールを実施


フューエルコレクションパイプの固定に使用されているボルトが緩むおそれのため

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)では、911カレラ、718ボクスター、および718ケイマンの各モデルラインに対して無償点検作業を行う。

日本における対象車両は685台。点検対象車両の中にはフューエルコレクションパイプの固定に使用されているボルトが緩む可能性のある車両がある。

このためサービス工場において最適化したボルトと交換する。同社では、「純粋に予防安全措置として行われるものです」と述べている。

対象車両のオーナーには、ポルシェ正規販売店から直接、無償修理の連絡があり、サービス工場の受け入れ準備が整い次第、案内・実施される。

問い合わせ先
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ :