BMW初の大容量リチウムイオンバッテリー搭載の電動スクーター、C evolution発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

価格は¥1,487,500。BMW iテクノロジーを搭載し、最高速度129km/h (電子制御リミッター)で160kmまでの走行が可能

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル、以下BMW)は、BMW Motorrad初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」の販売を、全国のBMW Motorrad C evolution取扱いディーラーで、2017年5月12日より開始すると発表した。

同社によると、電動プレミアムマキシスクーターであるC evolutionは、BMW iテクノロジーの新世代大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離が最大160km、最高速度129km/hと優れたパフォーマンスを実現。EV充電スタンドまたは普通充電用200Vコンセントを使用し、80%まで3.5時間で充電が可能であると云う。

これまでのマキシスクーターと比べて重心を低くしたことにより、快適なハンドリング性能を実現した。

今日、特に欧州地域では交通量の増加、エネルギーコストの上昇、および市街地での車両のCO2排出規制の厳格化は、当地行政の取り組みを出発点に世界規模で大きな課題となっている。

BMWでは、このC evolutionは、こうした課題を認識し、現在および将来のモビリティに求められるニーズに応えた次世代電動プレミアムマキシスクーターであるとしている。

仕様並びにメーカー希望小売価格(消費税込み) 
モデル:BMW C evolution
搭載バッテリー:大容量リチウムイオンバッテリー94Ah
希望小売価格:¥1,487,500
■上記メーカー希望小売価格は付属品価格、税金(消費税除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格となっている。

この「C evolution」の走行写真は、ドイツ国内市場向け(2012年7月時点)のもの。乗車時の車格感を伝えるため、あえて掲載した。

BMW C evolution の特徴
– BMW i3と同じバッテリーモニターエレクトロニクスとリチウムイオンバッテリーモジュールの採用
– 耐荷重フレームエレメントの役割も果たす、ダイキャストアルミニウム製バッテリーハウジングケース
– 水冷式電気モーター、歯付きベルトおよび遊星ギアを使用したドライブトレインスイングアームによる革新的なエレクトリックドライブ
– 惰性走行モードおよびブレーキング時のインテリジェントなエネルギー回生
– トルク発生の遅延がなく軽快で鋭いレスポンス特性、0–50 km/hまで2.8秒で加速する静粛でパワフルな加速。(最大トルク:72 Nm/0–4,650 rpm/トータル減速比 1:8.28)、最高速度129 km/h (電子制御リミッター)

この「C evolution」の写真は、ドイツ国内市場向け(2012年7月時点)のもの