新型「マツダ CX-5」の予約受注が、発売前の約1か月半で9,055台に到達

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、2016年12月15日に発表し2017年2月2日に発売を開始した新型『マツダ CX-5』の予約受注台数が、発売前約1か月半(12月15日の予約開始~1月31日)で、9,055台となったと発表した。

なお新型「CX-5」の月間販売計画台数は2,400台であった。「CX-5」は、新世代商品の第1弾として「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を初めて全面的に採用し、2012年2月に発売する。

今回、新世代商品群として初めてのフルモデルチェンジとなる新型「CX-5」は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、多様な領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVであると云う。

現段階でのグレード別の予約受注構成比は、本革シートを採用し、上質さを際立たせた「L Package」が49%、先進の安全装備を充実させた「PROACTIVE」が47%となっている。

ボディカラーでは、彩度や深みを増した新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、リアルな金属質感を表現した「マシーングレープレミアムメタリック」が17%となっている。