ライドシェアのCREW、利用上の安全策強化へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Azit(所在地:東京都港区、代表取締役:吉兼 周優)は、運営するモビリティプラットフォーム「CREW」について利用者の安全性を強化するべく以下の取組みを実施していく。

このCREWとは、”乗りたい” と “乗せたい” を繋げる新しいモビリティプラットフォームの形。アプリを起動して出発点と到着点を設定すると、近くを走るCREWパートナーと呼ばれるドライバーとマッチングし、目的地まで移動することが可能になる。

なおマッチングが成立して目的地に到着した後、相互評価を行う。またこの際、実費(ガソリン代)とシステム利用料を支払う他、強制では無く自発的かつ任意の形で謝礼を支払うことも可能という仕組みだ。

1. 乗車前・乗車後の法令遵守事項の確認
そんなCREWは上記取り決めを遵守する観点から、車内で謝礼の金額や謝礼のシステムに関しての質問を自制するよう促してきたが、今後は車内でCREWパートナーへの謝礼についての会話を禁止する。またこれを遵守するため、謝礼についての会話禁止を促すアプリ画面を設置した。

2. シートベルト着用未確認時のアラート
これまでもドライブ開始前にアプリ上でシートベルト着用の確認を行ってきたが、今後はシートベルト着用の確認が取れなかった場合にアラートを出し安心安全への対策を強化する。

3. 異常事態の発生検知
アプリ内の機能やGPSを活用して、異常事態が発生している可能性のある事象を検知する。例えばドライブ開始後に目的地へ向かうための走行ルートから外れている場合や、必要以上に長時間停止している場合などのケースを検知対象とした。

異常を検知した場合は、CREWの安心安全管理オペレーターが利用者(CREWパートナー・CREWライダー)に連絡を行い、状況把握を実施する。

4. SOSボタンの搭載
緊急事態に直面した際に利用者(CREWパートナー・CREWライダー)をサポートする機能としてSOSボタンを搭載した。同機能はドライブ中はアプリ上に常時表示されており、利用時はCREWの安心安全管理オペレーターがリアルタイムに現在地を把握しながら、迅速に利用者に連絡を行いつつ、必要に応じて警察への通報等も行う。

5. CREWパートナーの健康管理支援
CREWパートナーがアプリを起動すると直後に、その日の健康状態や車両状態を確認する機能を搭載する。また1月から試験的にドライブ予定のCREWパートナーにアルコール検知器の配布を実施。今後の定常的な導入も検討していく。

6. CREWパートナーへの安心安全講習会の実施
CREW登録のCREWパートナーと、対面による安心安全講習会を実施。講習会では、利用者の安心安全性強化のための取組み及び、徹底した法令遵守のための周知事項の説明等を実施する。

7. CREWパートナーの審査の改善
これまでCREWでは、登録時の審査及び、登録後の各種証書(免許証・車検証・任意保険証)の確認を行ってきたが、今後は登録時のみならず、登録後も毎年運転状況や健康状態などの更新確認を行っていく。

8. CREWライダーにおけるペナルティルールの強化
CREWパートナーへの迷惑行為や、法令遵守の観点での違反行為を行ったCREWライダーに対するペナルティルールを強化した。

9. 運営による主体的なパトロールの実施
法令に沿った安心で安全なドライブが提供できる環境であることを目指し、主体的かつ定期的にパトロール(CREWパートナーとCREWライダーの双方において)を実施する。

具体的には、定期的にCREW運営スタッフが(CREWパートナー、CREWライダー双方の)ユーザーとしてCREWを利用し、不適切な利用が無いかなどを確認するほか、必要に応じてフィードバックや改善を行う。

■モビリティプラットフォーム CREW概要
サービス開始:2015年10月
対象地域:東京都内一部地域
アプリDL:https://app.adjust.com/s10q01p 
Webサイト:https://crewcrew.jp/ 
ドライバーの応募の方はこちら:https://crewcrew.jp/driver/ 

■株式会社Azit 概要
設立:2013年 11月14日
代表取締役:吉兼 周優(よしかね ひろまさ)
所在地: 東京都 港区 東新橋2-12-1 PMO東新橋 6F