アウディ ジャパン、新型Audi Q7を3月16日に販売開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、プレミアムSUV、新型Audi Q7を3月16日より全国のアウディ正規ディーラー(120店舗:現時点)を通じて発売した。

sale-audi-japan-the-new-audi-q7-on-march-16-20160308-3

Audi Q7は、ラグジュアリーセダンに匹敵する快適性、エレガントでスポーティなデザイン、最大7人乗車が可能な広いキャビン、先進の安全性を兼ね備えた高性能なプレミアムSUV。

sale-audi-japan-the-new-audi-q7-on-march-16-20160308-2

最新のドライバー支援システムの搭載、軽量化により高い運動性能、燃費効率を実現した2代目

なおこの新型Audi Q7は、2006年にデビューの初代以来、フルモデルチェンジした2代目モデルとなる。

車両重量は初代比で最大300kg軽量化、空力特性を改善しCd 値は0.31(アダプティブエアサスペンション装着車)を達成。これにより、JC08モード燃費は3.0 TFSIで11.7km/l (旧エンジン8.6km/l:10.15モード値)、新規設定の2.0 TFSIは12.6km/lを実現するなど燃費効率を大幅に高めている。

初代に比べてボディサイズは若干縮小しながらも、より洗練されたプレミアムSUV らしい堂々とした佇まいで、広く快適な室内空間を実現している。

sale-audi-japan-the-new-audi-q7-on-march-16-20160308-1

欧州の衝突安全テストEuro NCAPと米国IIHS(道路安全保険協会)でともに最高評価を獲得

フルデジタルメーターのAudi バーチャルコクピット、大型タッチパッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にした Audi connect といった先進のインフォテイメントシステムを搭載。

ドライバー支援システムにおいても、自動ブレーキを含む「アウディプレセンス シティ」をはじめ、安全で快適な走行をサポートする各種アシスタンスシステムを標準装備する。

また欧州の衝突安全テストEuro NCAPで最高評価の5つ星を獲得したほか、米国IIHS(道路安全保険協会)の安全性評価においても最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定されている。

sale-audi-japan-the-new-audi-q7-on-march-16-20160308-6

モデル:Audi Q7 2.0 TFSI quattro
エンジン:2.0リッター 直列4気筒 DOHC ターボチャージャー
トランスミッション:8速ティプトロニック
最高出力/最大トルク:252PS/370Nm
ステアリング:右
希望小売価格(税込):8,040,000円

モデル: Audi Q7 3.0 TFSI quattro
エンジン:3.0リッター V型6気筒 DOHC スーパーチャージャー
トランスミッション:8速ティプトロニック
最高出力/最大トルク:333PS/440Nm
ステアリング:右
希望小売価格(税込):9,290,000円

Weightymattersの関連記事
アウディ ジャパン、新型AUDI Q7を3月下旬より発売