自動車部品の化学物質に関わる環境管理ソフトウェア「GreenGaiaSystem」の販売開始


株式会社ソフィックス(東京都北区、代表取締役:長谷川修一)は11月25日より、環境管理ソフトウェア「GreenGaiaSystem ~IMDS R10.0対応版~」の販売を開始した。

現在、自動車部品会社は、部品に含まれている化学物質の構成情報を自動車メーカに届け出ないと部品を納入できない。

「GreenGaiaSystem」は、自動車部品に含まれる化学物質の構成情報を自動車工業会・自動車部品工業会で決められた標準伝達形式で自動車メーカに届け出るためのソフトウェアで、自動車部品会社の環境管理業務負荷を大幅に軽減させる。

sale-of-environmental-management-software-related-to-the-chemical-substance-of-auto-parts-greengaiasystem20151129-2

<商品概要>
自動車部品のサプライチェーンに沿った化学物質の構成情報伝達業務をサポートするソフトウェア。伝達形式は次の2形式となる。
1.ドイツにある自動車部品の環境保全のためのデータベース(IMDS)
2.日本の自動車工業会・自動車部品工業会の伝達形式(JAMA/JAPIA統一データシート)

<主な特徴>
1.IMDS形式とJAMA/JAPIA統一データシート形式の相互変換
2.IMDSとJAMAのシームレスな管理
3.クライアントへのインストール不要なWebシステム
4.フリーのデータベースソフト
5.サーバーはWindows、unix両対応
6.多国語対応

<機能>
1.ワークフロー機能(製品/部品進捗状況確認)
2.部品表連携機能
3.IMDS回答登録機能(IMDSより直接送受信)
4.JAMA回答登録機能(JAMAシート入出力機能)
5.回答データの形式チェック、相関チェック、自社基準チェック、顧客基準チェック
6.材料管理機能
7.化学物質マスタ自動受信機能(IMDSより直接受信)
8.材料集計、化学物質集計機能(REACH補助機能)

<動作環境>
サーバーO S: Windows Server 2008 , Linux SUSE
サーバーD B: MySQL 5.6
クライアントOS:Windows 7 , Windows 8 , Windows 8.1
ブラウザ:Internet Explorer 9,10,11
・GreenGaiaSystemの全機能を使うためにはHP社とのIMDS-AIの契約が必要。
・JAMA/JAPIA統一データシートV2.04 V2.05 V2.10 ~ V2.32に対応。

<IMDS/JAMA関連ソフトウェア>
・IMDS-AIと業務の効率的な橋渡しに・・・・・・・
・JAMAシートの管理、集積データの活用に・・
・JAMAシートのちょっとした編集用に・・・・・・
・JAMAシートのチェック等の閲覧用に・・・・・・