SBドライブ、鳥取県八頭町とスマートモビリティーサービスの事業化に向け連携協定を締結


鳥取県八頭町(町長:吉田 英人)と、ソフトバンクグループ傘下のSBドライブ株式会社(本社:東京都港区、社長:佐治 友基、以下「SBドライブ」)は、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向けた連携協定を、2016年5月23日に締結した。

sb-drive-signed-a-cooperation-agreement-for-the-commercialization-of-tottori-prefecture-yazu-cho-and-smart-mobility-services20160526-1

■連携協定の概要
1.目的
八頭町とSBドライブが相互に緊密に連携することにより、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を通じて、地域住民の移動の利便性向上など、地域公共交通の課題解決を進めるとともに地域振興に貢献

2.連携事項
・自動運転技術の開発に関すること。
・スマートモビリティーサービスの事業化のための環境整備に関すること。
・その他、上記事項の目的を達成するために必要な取り組みに関すること。

sb-drive-signed-a-cooperation-agreement-for-the-commercialization-of-tottori-prefecture-yazu-cho-and-smart-mobility-services20160526-2

SB ドライブ会社概要
社 名: SB ドライブ株式会社
設 立 日: 2016 年 4 月 1 日
代 表 者: 代表取締役社長 佐治 友基
所 在 地: 東京都港区東新橋 1-9-1
株 主: ソフトバンク株式会社、先進モビリティ株式会社
事業内容: 自動運転技術の導入・運用に関するコンサルティング
旅客物流に関するモビリティーサービスの開発・運営
URL:  To-jump-to-external-page20150401

鳥取県八頭町  To-jump-to-external-page20150401