ヤマハMT-07、JIDAデザインミュージアムセレクションに選定


ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)の大型二輪「MT-07」が、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会の「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.17」に選定された。

同社製品選定は、昨年のニュースタンダードシティコミューター「TRICITY(トリシティ)MW125」と電動アシスト車いす「JWスウィング」に続き、2年連続の選定となった。

「MT-07」は1月14日(木)から18日(月)まで、東京都港区AXISギャラリーで開催される展覧会で展示され、15日(金)には表彰式が行われる予定。

「JIDAデザインミュージアムセレクション」は、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育・産業・生活へ文化的貢献を行うことを目的とするもの。

「MT-07」は”スポーツパッション&スマート”をコンセプトに、走りの楽しさと街中で映えるファッショナブルなスタイル、コストパフォーマンスを調和させたモーターサイクルです。日常域でパワフルながら扱いやすいエンジンを搭載し、”軽量・スリム・コンパクト”でスタイリッシュな車体による優れた操作性・所有感などが特徴。

[JIDAデザインミュージアムセレクション選定理由]
有機的で抑揚感のある彫刻的なデザインは、スポーツバイクとしての新鮮な魅力を感じさせます。価格、性能、扱い易さ、スタイリング、環境適応などの特徴が高い次元でバランスされており、これらの点を高く評価致した。

同社のJIDAデザインミュージアムセレクション選定実績
< >