ヴァレオの半自動運転車が、アメリカ一周30都市を巡る13,000マイルを走破するドライブに挑戦


valeo-germany-paikas-agreed-to-the-acquisition-to-in-leadership-enhanced-connectivity-and-automatic-operation20151225-2

北米での部分自動運転の最長記録達成を介して、誰もが自動運転を享受できる時代に向けた大きなステップを踏み出す

仏・ヴァレオ(本社:フランス・パリ、CEO:ジャック・アシェンブロワ /Jacques Aschenbroich)の半自動運転車 Cruise4U® は、 2016年1月にラスベガスで開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で実演走行を行ったが、このほど同車がアメリカを一周する13000マイル(20,921km)のドライブに出発した。ゴールは、9月15日にサンフランシスコとなる予定だ。

semi-automatic-operation-vehicles-of-valeo-is-challenge-to-drive-to-off-road-13000-miles-around-the-united-states-around-30-cities20160805-1

部分自動運転モードで走行するこのドライブでは、ロスアンジェルス、ラスベガス、シアトル、シカゴ、デトロイト、ボストン、ニューヨーク、マイアミ、サンアントニオ、サンディエゴを廻ります。車は昼も夜も、実際の道路状況の中で走行を続ける。

ヴァレオCruise4U® は、高速道路での通常走行や渋滞時に車に運転を委ねるという快適で便利な体験をもたらす。

条件が整うと、ドライバーは自分で車を運転しつづけるか、ヴァレオCruise4U®がステアリングを操作し、加減速を行うのを見守ることにするかを選ぶことができる。

semi-automatic-operation-vehicles-of-valeo-is-challenge-to-drive-to-off-road-13000-miles-around-the-united-states-around-30-cities20160805-2

Cruise4U®システムを実現しているキーテクノロジーが、ヴァレオSCALA™ レーザースキャナーにある。

ヴァレオSCALA™ レーザースキャナーは、車の前方向をスキャンし、先行車、バイク、歩行者、街路樹や駐車している車やガードレールなどの障害物を高い精度で検知。昼も夜も作動し、高速でも低速で走行している時にも機能し続ける。

収集したデータによって、スキャナーは車の周辺のマップを生成して分析し、車両の周囲で何が起きるかを予測する。

「ハンズオフU.S.ツアー」では、ヴァレオSCALA™ を フロントカメラと併用し、車の前方をスキャンし、障害物を高い精度で検知し、4つのレーダを使って安全に車線変更を行っていく。

valeo-exhibition-of-new-technologies-that-contribute-to-the-intuitive-driving-in-technology-exhibition-of-people-and-cars20160517-1

ヴァレオは運転支援の分野でのマーケットリーダーの一社だが、Cruise4U® テクノロジーによってアクティブセーフティの機能と自動運転の最先端テクノロジーへの取り組みをアピールしていく構え。

同社では、「実際の日常生活での運転と長距離ドライブの条件の中で実証走行をするというユニークな機会を通して、ヴァレオのハンズオフU.S.ツアーは、誰もが自動運転を享受できる時代に向けての一つの大きなステップになるでしょう」と述べている。

valeo-japan-established-a-test-area-of-automatic-operation-vehicles-in-tsukuba-techno-center20160214-7

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供している。

2015年度のヴァレオグループの売上高は約145億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資した。

ヴァレオは、32カ国に148カ所の工場、19カ所の研究センター、35カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約88,800人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されている。

URL: To-jump-to-external-page20150401