トヨタ自動車、プリウスPHVにサポカーS<ワイド>を設定


トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、代表取締役社長 : 豊田章男)は、プリウスPHVに特別仕様車 S“Safety Plus”、S“ナビパッケージ・Safety Plus”、A“Utility Plus”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、2018年1月8日から発売する。

この特別仕様車は先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備し、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」とあわせ、セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)の<ワイド>に対応した。

セーフティ・サポートカーSは、駐車場等でのアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」、スイッチを押すだけで駐車スペースを判断し駐車のアシストを行う「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を特別装備したもの。

具体的には経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨されているクルマをサポカーと呼んでいる。

自動ブレーキ搭載車を「セーフティ・サポートカー(通称 : サポカー)」、さらにペダルの踏み間違い事故防止機能などの搭載車を「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」とし、高齢者を含む全ての運転者へ推奨。

「サポカーS」は、自動ブレーキの機能に応じて3つに分類されており、「ワイド」は自動ブレーキ(対歩行者)、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載するクルマをいう

プリウスPHV 特別仕様車 S“Safety Plus”/S“ナビパッケージ・Safety Plus”/A“Utility Plus” 車両情報: