ボルボ・カーズとオートリブ、自動運転の合弁会社をスウェーデン・イエテボリに構える

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

expands-volvo-the-service-contents-of-the-owner-for-the-original-car-insurance20150629-4-min

ボルボ・カーズ(本社:ヴェストラ・イェータランド県・イエテボリ、CEO:ホーカン·サミュエルソン、以下ボルボ)と、主要自動車メーカー向けにエアバッグ・シートベルト・ステアリングホイールなどの開発・生産・販売を展開するオートリブ(Autoliv、本社:ストックホルム、CEO:ジャン・カールソン、以下、オートリブ)は北欧時間の9月6日、次世代の自動運転車搭載のソフトウェア開発を加速させるため、双方での共同所有会社設立の基本合意書に調印した。

nissin-kogyo-autoliv-and-mechatronics-business-and-to-the-establishment-of-a-joint-venture-business-on-the-spring-for-four-wheel-vehicles20150912-1

具体的には2017年の初めに業務を開始する予定としており、この新会社は、両社の拠点であるスウェーデン内に於いて、今回はボルボ発祥の地イエテボリに本社を構えるとしている。

この新拠点には当初、ボルボ・カーズ並びにオートリブの双方より約200名の従業員が派遣され、中期的には600名以上の規模に増員される計画となっている。

そしてこれにより同社は、目下急速に拡大しつつある自動運転ソフトウェアのシステム開発領域で世界市場に参入していく構えだ。

これまではグローバル路線を行く高級車の開発メーカーなどが、ADAS(Advanced Driving Assistant System/先進運転支援システム)およびADテクノロジー(自動運転テクノロジー)を新規開発する目的で取り組んできたのだが、今回のように自動車メーカーと一次サプライヤーとが提携に取り組んだ例は、この業界でも初めての事例となる。

そんな新会社が開発するADASとADテクノロジーは、開発が進み次第順次ボルボ・カーズの新型車に採用されていく訳だが、これに加えてオートリブ自身が、世界中の自動車メーカーに対して開発した新技術を積極的に販売していく計画となっており、また、その収益は最終的には両企業に分配される見込みだと云う。

50-anniversary-of-the-volvo-140-birth20160816-13

一方、ボルボ・カーズは、世界で最も安全性の高い乗用車を開発・製造してきたと云うブランドイメージの他、現実に於いても3点式シートベルトの発明、世界トップレベルのアクティブ&パッシブセーフティーシステムの継続的な開発を積み上げていくことで高い評価を得てきた。

しかし今となっては、車両の安全性に対する取り組みは、ボルボだけの「錦の御旗」ではなくなってきている。

そこでボルボでは、最新ボルボ車両に乗車中の事故で、発生する死者や重傷者を来る2020年までにゼロにする、と云う目的を据え、実はこれがボルボ・カーズの中期的なビジョンとなっている。

そうした折オートリブは、自動車メーカー各社にセーフティシステムを提供する世界トップレベルのサプライヤーとしての役割を60年以上の期間を掛けて温め続けて来た。

今や世界中の自動車メーカー向けにアクティブ&パッシブセーフティーテクノロジーを開発・導入するという点においては、競合企業に対して秀でたアドバンテージを持つ領域も持ち始めている。

set-up-volvo-cars-and-autoliv-a-joint-venture-of-automatic-operation-in-sweden-gothenburg20160910-2

こうした背景について、ボルボ・カーズのCEO、ホーカン・サムエルソン氏は、「お互いのノウハウとリソースを結びつけることで、新会社は自動運転ソフトウェアの開発における世界的リーダーとなれるでしょう。

これによって、両社のエキサイティングなテクノロジーをボルボ・カーズのお客様に対して、より迅速にお届けすることが可能になるのです」と述べた。

対して、オートリブのヤン・カールソン会長兼社長兼CEOは、「自動車の安全性を追求し、世界中でオートリブとボルボ・カーズ以上の貢献をしてきたと主張できる企業はありません。

この新会社は、自動運転が路上での安全を向上させる新たな手段であるという認識に基づいて設立されるものです」と語っている。

これ以降、ボルボ・カーズとオートリブは、合弁会社を通して互いが持つ知的所有権の使用認可と譲渡を積極的に行っていく。

volvo-north-americas-first-production-base-advance-decision20150512-2-min

そしてこれをベースに新会社は、新しいADASとADテクノロジーを開発。最初のADAS製品は2019年までに販売可能に、そしてADテクノロジーは2021年までに供給を開始する計画である。なお、基本合意書への署名以降も交渉自体は継続され、最終的に正式な契約に達する見込みだ。

最後に新会社の経営陣だが、双方から安全技術に深い知見を持つ2社の出身者で構成されね。例えば、ボルボ・カーズのビークル・ライン90の元本部長で、ボルボ・カー・スイス、マネージングディレクターのデニス・ノベリウスは、新しい合弁会社のCEOに就任する予定であると云う。