アイシン・エーアイ、アイシン・エィ・ダブリュと合併契約を締結

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシン精機(本社:愛知県刈谷市、社長:伊勢清貴)傘下でAT製造のアイシン・エィ・ダブリュ(本社:愛知県安城市、 社長:尾﨑和久、以下AW)はMT製造のアイシン・エーアイ(本社:愛知県西尾市、社長:齋藤雅康、以下AI-A)と2019年4月の経営統合に合意。両社承認を介し12月21日に合併契約を締結した。

アイシングループは、グループの強みを活かすべく2017年4月からバーチャルカンパニー(VC)体制を導入してグループ連携体制を構築してきたが、今後は、電動化など自動車を取り巻く環境が大きく変化する中、パワートレインとトランスミッション事業を統合することで、より競争力のあるパワートレイン事業の構築を目目指して行く構えだ。

(1)経営統合の日程
合併契約承認臨時株主総会日:2018年12月21日
合併契約締結日:2018年12月21日
効力発生日:2019年4月1日(予定)

(2)経営統合の方式
AWとAI-Aとの統合については、AWを存続会社、AI-Aを消滅会社とする合併を行う予定。