ソフトバンク、パーキングシェアリングのトライアルを開始


ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)は、パーキングシェアリングサービス「BLUU Smart Parking(ブルースマートパーキング)」の商用化に向けたトライアルを2018年10月3日から開始した。

この「BLUU Smart Parking」は、ソフトバンクのIoTプラットフォームと、車両の入出庫を感知できるカメラセンサーシステムを組み合わせて、個人や企業が保有する駐車場や遊休地を有効活用できるシェアリングサービス。

ドライバーは、スマートフォンのアプリを使って駐車場を検索し、利用したい日時を選択するだけで簡単に駐車場を予約できる。さらにアプリにクレジットカード情報を登録することにより利用料金が簡単に精算できるためキャッシュレスで駐車場を利用できる。

「BLUU Smart Parking」のトライアルは、駐車場サービスを提供する企業や団体の協力を得てエリアを限定して開始される見込み。まずは慢性的に駐車場が不足している東京都23区を中心にトライアルを開始し、ドライバーのニーズの高いエリアから順次展開していく構えだ。

トライアルの概要
1. 実施期間
2018年10月3日~2019年1月27日(予定)

2. サービスタイプ
「1日予約」と「時間予約」を提供。

3. 提供エリア
東京23区を中心に提供を開始し、順次エリアを広げていく。

トライアル参加企業・団体(計27社・団体・順不同)
スターツアメニティー株式会社
モーリスコーポレーション株式会社
日本パーキング株式会社
大和ハウスパーキング株式会社
トラストパーク株式会社
株式会社アップルパーク
セイワパーク株式会社
株式会社アイパークサポート
北海道パーキング株式会社
新明和工業株式会社
アパルトマンイクシーズ株式会社
株式会社パスート24
株式会社悠研社
株式会社ケイシン
日本システムバンク株式会社
ダイヤ電子工業株式会社
イーアド株式会社
株式会社エイブルパーキング
日本郵便オフィスサポート株式会社
サコス株式会社
株式会社フィル・カンパニー
都市技術センター、近畿建設協会、野里電気工業株式会社共同企業体
北斗アセットマネジメント株式会社
株式会社トップワイジャパン
株式会社パーキングマーケット
アクロス都市開発株式会社
株式会社イコム
利用可能な駐車場については、ドライバー向け専用アプリ「BLUU Smart Parking」覧されたい。

4. 利用方法
(1)
App Store※2からドライバー向け専用アプリ「BLUU Smart Parking」をダウンロードし、メールアドレスやSNSアカウント(Facebook®、Twitter)、Yahoo! JAPAN ID、Google™ でユーザー登録を行います。案内に沿って氏名、電話番号、車種、車両ナンバー(4桁)、クレジットカードなどの必要な情報を入力する。
(2)
利用日時と場所を入力して駐車場を検索。
(3)
地図上に空いている駐車場が表示されるので、画面上で希望の駐車場をタップして選択する。
(4)
予約内容を確認して、確定する。

5. 利用料
「BLUU Smart Parking」アプリは無料。駐車場利用時は各事業者による駐車料金が別途必要。

6. 支払い方法
あらかじめ登録したクレジットカードで決済が可能。ご利用可能なクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubの5種類。

「BLUU Smart Parking」の詳細については、下記URLを参照されたい。<   >