損保ジャパン、ダイレクト保険初の「ALSOK事故現場安心サポート」を提供開始


sompo-japan-provide-start-the-alsok-accident-site-peace-support-direct-insurance-first20160218-5

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(※1)傘下のセゾン自動車火災保険は、綜合警備保障株と連携し、『おとなの自動車保険』契約顧客を対象に、『ALSOK事故現場安心サポート』を2016年4月から開始する。

sompo-japan-provide-start-the-alsok-accident-site-peace-support-direct-insurance-first20160218-1

(※1)
– 損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、グループCEO・代表取締役社長:櫻田 謙悟、以下、SOMPOホールディングス)
– セゾン自動車火災保険株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:西脇 芳和、以下、セゾン自動車火災)
– 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:青山 幸恭、以下、ALSOK)

sompo-japan-provide-start-the-alsok-accident-site-peace-support-direct-insurance-first20160218-3

同『ALSOK事故現場安心サポート』サービスは、保険契約の顧客が最も不安を感じる事故直後にALSOK隊員(※2)が現場にかけつけ、モバイル端末を活用し速やかに事故情報をセゾン自動車火災と連携することで事故時の不安を取り除く、ダイレクト自動車保険初のサービスとなる。

sompo-japan-provide-start-the-alsok-accident-site-peace-support-direct-insurance-first20160218-2

セゾン自動車火災は、こうした顧客密着型のサービスを通して「“もしも”のために、“いつも”つながる。」を新たなスローガンに加え、顧客にとって最適な価値を今後も提供し続けていくとしている。

なお、同サービスは、SOMPOホールディングスとALSOKが、2014年8月に締結した「業務提携に係る基本合意書」に基づくアライアンス事業の第一弾となる。
(※2)ALSOK隊員とは、事故時に顧客サポートを行うための教育を受けたALSOKの警備員(ガードマン)を云う。

1.新サービス開発の背景
セゾン自動車火災が実施したマーケット調査では、ダイレクト自動車保険への加入を躊躇している顧客方の多くは、事故対応に漠然とした不安を感じているとの回答を得た。

一方、事故対応は自動車保険の最も重要な機能のひとつであることから、セゾン自動車火災とALSOKは、「ダイレクト自動車保険における事故現場での対応の充実」という観点で顧客にとって最適な価値の提供について検討を重ね、必要な時に「現場にかけつけてくれて、しっかりサポートしてくれる」をコンセプトとした同サービスを開発したと云う。

セゾン自動車火災と、“安全・安心のプロ”であるALSOKが連携し、ALSOK隊員が事故現場にかけつけ、寄り添いサポートすることで、安心を目に見えるカタチで提供するサービスを開始していく。

2.新サービスの概要
契約ユーザーが事故に遭遇した場合、全国約2,400か所の拠点からALSOK隊員が現場にかけつけ(※3)、事故対応をサポートするサービスで、『おとなの自動車保険』契約のすべての顧客対象に無料で対応していく。

これまで、保険会社への事故状況連絡等は、契約ユーザー自身が対応していたが、今後はALSOK隊員が現場にかけつけ事故状況等を確認し、保険会社へ連絡することで、迅速かつスムーズな事故対応サポートが実現する見込み。

(※3)山間部や島しょ部、高速道路などかけつけサービスを提供できない場所や、一部サービス内容が限定的となる場合がある。また、交通事情、気象条件等によりサービスの提供ができない場合もある。

(1)提供開始時期
2016年4月1日(※4)
(※4)事故日を基準とする。一部のサービスは、2016年6月からサービスを提供する。

(2)ALSOKが行う主なサービスの内容
1)安全の確保/三角表示板の設置や発煙筒使用の補助など。
2)緊急連絡/ケガ人がいる場合の救急車の手配・警察への届出に関する助言・サポート、連絡、レッカーの出動要請。
3)事故解決に関する適切なアドバイス(※5)/事故解決までの流れの説明・相手方へのサービス内容の説明。
4)事故状況連絡(※6)/契約ユーザーからの事故状況ヒアリング・事故の相手方からの事故状況ヒアリング・事故現場・事故車両などの損傷物を写真撮影し、事故状況連絡としてセゾン自動車火災へ送信。
5)要望事項等のヒアリング/要望事項等をヒアリングしセゾン自動車火災へ連絡
(※5)示談代行は、セゾン自動車火災が行う。
(※6)セゾン自動車火災への事故状況連絡サービスは、2016年6月から開始する。なお、一部サービス内容が限定的となるエリアがある。

3.SOMPOホールディングスとALSOKの業務提携による今後の事業展開
2014年8月に業務提携を締結後、具体的な検討を重ねてきた結果、『ALSOK事故現場安心サポート』の開始が決定した。

今後は、高齢者向けサービスの展開等での連携を検討するなど、両グループの顧客基盤や各種ノウハウ等を活用し、幅広い事業において共同事業および共同研究開発を行っていく。

併せて同社は日本トップクラスの保険事業と、セキュリティー事業を有する両グループにしかできない顧客への安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、企業価値の向上を目指していくとしている。

【問い合わせ】
「おとなの自動車保険」の見積り・申込みは下記WEBサイトから

お客様サポートセンター
0120-55-0107
9:00-18:00(年末年始を除く)