損保ジャパン、半日単位で入れる自動車保険の販売開始へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、社長:西澤 敬二)は、友人や家族の自動車を借りた際などで12時間単位で加入可能な自動車保険「乗るピタ!」を開発した。

この「乗るピタ!」は2019年1月から商品提供が開始される。なお、半日単位で加入できる自動車保険は、損害保険会社では初めての提供となる。

近年、少子高齢化の進展による若年人口の減少に加え、若年層の自動車保有率自体も減少の一途を辿っているなかで「実家に帰った時に、ちょっと親の車を借りて出かけたい」「友人の車でドライ ブ旅行をしている最中に運転を代わってあげたい」など、自動車を保有していない若年層を中心に、一時的に自動車利用するシーンが増えてきている。

これを踏まえて、同事例をカバーリングできる保険ニーズが昨今を迎えてますます高ま っている。そうした時流を前提に損保ジャパン日本興亜では、このようなニーズに応えるべく12時間単位で加入できる自動車保険「乗るピタ!」が開発された。

ちなみにこの「乗るピタ!」は、『ドライバー保険』に「時間単位型ドライバー保険特約」をセットした契約のペット ネームである。

その商品概要は以下の通りで、加入者は自身のスマートフォンやパソコン上での簡単な手続きを経ることで12時間400円から自動車保険に加入可能である。

契約条件は以下の通り

提供プランと主な補償の内容
提供プランと主な補償内容は、以下の3パターンとなる。
※1 対物全損時修理差額費用特約が「すべてのプラン」に自動セットされる。
※2 人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約(保険金額:1,000万円)が「安心プラン」に自動セットされる。

販売開始時期
2019年1月1日以降を保険始期日とする契約から提供。