アルファの量産最速SUV「クアドリフォリオ」受注開始


独ニュルブルクリンクで量産SUV世界最速タイムを樹立した究極のドライビングSUV

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は11月28日、新型SUV「Alfa Romeo Stelvio(アルファロメオ・ステルヴィオ)」のラインアップにハイパフォーマンスモデル「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)」を追加し受注を開始する。

ステルヴィオ・クアドリフォリオは、ステルヴィオラインアップのハイエンドモデルにあたる。2017年9月に、ドイツのニュルブルクリンク北コース(1周約20.8km)で量産SUVとしては世界最速の7分51秒7の周回タイムを記録した。

ステルヴィオ・クアドリフォリオは、2016年9月に同じくニュルブルクリンク上で量産4ドアセダンとして世界最速タイムを更新したジュリア・クアドリフォリオと共通の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載している。

510PSの高性能エンジンと先進4WDシステムで圧倒的な動力性能と操縦安定性を両立

このアルミニウム製エンジンは、最高出力510PS、最大トルク600Nmという圧倒的な動力性能を発揮する一方で、気筒休止システムを採用し、航続走行などエンジン負荷が小さい場合には、燃料効率の改善を図るというもの。

変速機には、8速オートマチックトランスミッションを採用し、最短で1000分の150秒という変速時間を実現。ステアリングコラムにはアルミニウム製パドルシフトレバーを備え、レスポンスに優れた変速動作をマニュアル感覚で行うことが出来る。

またエンジンやトランスミッション、サスペンションなどの設定をドライバーの好みで任意に選択できるALFA™ DNAドライブモードシステムには「Race」モードが設定されており、この「Race」モードでは、クアドリフォリオのパフォーマンスを最大限に引き出すことが出来る。

エクステリアとインテリアに高性能モデルの証となる数々の専用パーツを採用

さらに駆動系には、左右独立トルク配分機能付電子制御式リアディファレンシャル「ALFA™アクティブトルクベクタリング」と4WDシステム「Alfa Romeo Q4」を組み合わせている。

ALFA™アクティブトルクベクタリングは、シャシー統合制御システムCDCと連動し、路面状況や運転操作に応じて左右後輪にそれぞれ最適なトルク配分を行う構造。このCDCと電子制御式4WDシステムとが相まって、スポーツ走行時でも常時最適な4輪トルク配分がなされるため、高い操縦安全性を可能とした。

これらによりステルヴィオ・クアドリフォリオは、0-100km/h加速タイムが3.8秒、最高速度は283km/hとSUVとして高いパフォーマンスを発揮出来る。

サスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーン式、リアがマルチリンク式で、電子制御可変式ダンパーを備えたALFA™ アクティブサスペンションが組み合わせた。このステルヴィオ・クアドリフォリオの希望小売価格(税込)は、11,670,000円となる。

詳細商品サイト: 

<主要諸元表>
STELVIO QUADRIFOGLIO
ハンドル位置:右
ドア数:4
全長(mm):4,700
全幅(mm):1,955
全高(mm):1,680
ホイールベース(mm):2,820
トレッド 前/後(mm):1,620/1,675
車両重量(kg):1,910
乗車定員(名):5
エンジン種類:V型6気筒 DOHC 24バルブ
インタークーラー付ツインターボ
総排気量(cc):2,891
ボア×ストローク(mm):86.5 x 82.0
圧縮比:9.3
最高出力:<kW(PS)/rpm>[ECE] 375(510)/6,500
最大トルク:<Nm(kgm)/rpm>[ECE] 600(61.2)/2,500
燃料供給装置:直接噴射式電子制御燃料噴射
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(ℓ):64
ラゲッジルーム容量(ℓ):525
クラッチ形式:3要素1段2相形
駆動方式:4輪駆動
トランスミッション形式:電子制御式8速オートマチック
変速比
1速:5.000
2速:3.200
3速:2.143
4速 :.720
5速:1.314
6速:1.000
7速:0.822
8速:0.640
後退:3.478
最終減速比:前 3.730/後:3.730
ステアリング形式 :ラック&ピニオン(電動パワーアシスト付)
サスペンション
前 :ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)
後: マルチリンク(スタビライザー付)
主ブレーキ
前 :ベンチレーテッドディスク
後 :ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ
前 :255/45R20
後 :285/40R20
最小回転半径(m): 6.0
主要燃費向上対策 :スタートストップシステム、CEM、吸排気可変バルブタイミング、筒内直接噴射、電動パワーステアリング