STYLE-D、東京モーターショーにマグネシウム発電地対応の小型車出展


超小型モビリティメーカーの株式会社STYLE-D(本社:岐阜県関市、代表取締役 山下 泰弘)は、2015年10月29日(木)~11月8日(日)に東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に、世界初のマグネシウム発電地搭載可能なスモールモビリティ『piana』を出展する。

style-d-the-small-car-exhibitors-of-magnesium-power-generation-area-corresponding-to-the-tokyo-motor-show20151008-2

同車を開発したのは、前回の第43回東京モーターショー2013でスモールモビリティのコンセプトカー“D-FACE”を発表した、元TOYOTAのデザインプロデューサーの山下泰弘氏。

今回の『piana』のコンセプトは「笑顔になっちゃうかわいい家族」。
今まで提案された超小型モビリティは、そのどれもが運転席・後部座席という配列の縦2人乗りだったが、『piana』は、BMWイセッタを連想させるフロントハッチ式のドア(可動域わずか600mm)を採用。

style-d-the-small-car-exhibitors-of-magnesium-power-generation-area-corresponding-to-the-tokyo-motor-show20151008-1

これにより運転席・助手席の横2人乗りを実現した。さらに“リチウム電池”と1ヵ月充電レスで「水」で発電できる“マグネシウム発電地”のハイブリット化が可能となっており、デザイン性だけでなく実用性に優れ、量産にも十二分に対応する完成度の高いプロトタイプとなった。

■『piana』の主要諸元
寸法:全長2,498mm、全幅1,480mm、全高1,600mm
ホイールベース:1,520mm
トレッド:1,235mm
重量:400kg
バッテリー:72V 50Ah×2(充電時間3時間)
出力定格:8kW ブラシレスモーター
走行距離:MAX120km
最高速度:75km/h
登坂能力:20度
その他の特長:
フロントオープン型 電動フロントドア
(ボディプッシュボタン&スマートキー操作)、
世界初マグネシウム発電地搭載可能
(発電機能搭載型次世代 EV)
公式サイト:

■株式会社STYLE-D概要
商号:株式会社STYLE-D
代表者:山下 泰弘
所在地:岐阜県関市池尻1684番地5
設立年月日:2015年3月
主な事業の内容:
自動車、産業用運搬車両、船舶、航空機等の輸送機器の開発、製造、販売
資本金:5,000万円