SUBARUとSTI、2018年のモータースポーツ参戦計画を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)と、STIことスバルテクニカインターナショナル株式会社(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:平川良夫)は2月9日、2018年のモータースポーツ参戦計画の概要を発表した。

両社では「SUBARU車の安心と愉しさとは、ドライバーが手足のように操れ、安心して、かつ愉しく走れることであり、これを実証するためにSUBARUとSTIは、今期も極限の場であるモータースポーツに挑んでいきます」と述べている。

参戦カテゴリーとその内容は以下の通り

SUPER GTシリーズ
日本国内最高峰のモータースポーツカテゴリーであるSUPER GTシリーズのGT300クラスに、昨年に引き続きSUBARU BRZ GT300で参戦する。

2018年シーズンは、昨年の雪辱を果たすべく、参戦車両に搭載する水平対向ボクサーエンジンの燃焼効率の改善、空力特性、ブレーキ熱容量の向上、タイヤ接地効率の改良などを施し万全の体制で臨む。

チーム体制は、STIの渋谷真プロジェクトゼネラルマネージャー(総監督)のもと、ドライバーはこれまでと同様に井口卓人、山内英輝の2名体制。STIはチーム運営母体である株式会社アールアンドデースポーツと共にシリーズ優勝を目指す。

ニュルブルクリンク24時間レース
5月10日(木)から13日(日)にかけてドイツ・プファルツ州アイフェル地方のニュルブルクリンクサーキットで開催される「第46回ニュルブルクリンク24時間レース」に、STIはコンプリートカーやパフォーマンスパーツ開発で培ったノウハウ、技術を投入したSUBARU WRX STIで参戦する。

なお、このチャレンジは、2008年以来、今年で11年目となる新たなスタートと捉えていると云う。

2018年の参戦車両は、エンジン出力特性の向上、パドルシフトを継続し、ギヤ比の最適化、ブレーキ大径化とバランスの見直し、合わせてマスターバックを廃止することによる左足ブレーキの有効活用、トレッド拡大、及び空力抵抗低減など走りの大幅向上を達成。また過去の反省から、全ての面での信頼性向上に主眼を置き、昨年喫したリタイヤの雪辱を果たす。

SUBARU WRX STIの参戦クラスは、今年も欧州有力メーカーが多数参戦する排気量2.0リットル以下のターボエンジン搭載車クラスである「SP3T」、同クラスで通算5度目の優勝を目指していく構え。

チーム監督は辰己英治が担当し、STIエンジニア(社員)と全国のスバル特約店から選抜されたメカニックたちがチームの運営を行う。

ドライバーは、昨年までの、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)に加え、新たにSUPER GTドライバーの井口卓人(日本)を迎えて4名の体制で挑む。