SUBARU、2017年NY国際自動車ショーにて「ASCENT SUV CONCEPT」を公開


「ASCENT(アセント)」は北米市場専用の新型3列SUV。新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定

SUBARUは、開催中の2017年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、開発中の新型3列ミッドサイズSUVの名称を「ASCENT(アセント)」として発表するとともに、同車をイメージしたデザインコンセプトカー「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」を公開した。

SUBARUによると、ASCENT SUV CONCEPTは、同社共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”の下で、3列SUVに求められるゆとりあるサイズ感に加え、SUBARUらしい機能性を内外装において提示するとしている。

SUBARUが北米市場専用車種として米国生産拠点であるSUBARU OF INDIANA AUTOMOTIVE INC.で生産する量産型ASCENTは、SUBARU GLOBAL PLATFORMや新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導入予定となっている。

車両概要については、公式Webサイト<   >で、SUBARU ASCENT SUV CONCEPTの画像を筆頭にプレスカンファレンスの映像等を配信している。

【SUBARU ASCENT SUV CONCEPTの主な仕様】
ボディサイズ(全長 x 全幅 x 全高):5,050 x 1,990 x 1,840 mm
ホイールベース:2,970 mm
タイヤサイズ:275/50 R21
乗車定員:7名