スバル、新型インプレッサを筆頭にブランド5車種が予防安全性能アセスメントで最高ランクを獲得


新型インプレッサ・レガシィ・フォレスター・レヴォーグ/WRX S4、2016年度予防安全性能アセスメントで最高ランク

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)のインプレッサ、レガシィ、フォレスター、レヴォーグ/WRX S4が、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA*1)が実施する、2016年度予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクであるJNCAP(*2)「予防安全性能評価 ASV++」を獲得した。

subaru-launches-the-new-impreza-1-6l-engine-mounting-grade-special-edition-cm-also-started20161128-2

2016年度予防安全性能アセスメントは、2015年度の評価対象となっている衝突被害軽減制動制御装置(AEBS*3)[対車両]、車線逸脱警報装置(LDWS*4)、後方視界情報提供装置に加え、道路横断中の歩行者を模擬したターゲットに時速10km/h~60km/hで車両を接近させ、警報及び被害軽減ブレーキの作動状況を評価するAEBS[対歩行者]の試験が実施され、新型インプレッサは68.9点、レガシィは68.0点、フォレスターは69.5点、レヴォーグ/WRX S4は68.5点の評価となり、試験車種全てで最高ランクの「予防安全性能評価 ASV++」を獲得した。

■試験結果詳細(NASVAホームページ)
 To-jump-to-external-page20150401
■スバルオフィシャルウェブサイト(スバルの総合安全)
 To-jump-to-external-page20150401

*1:National Agency for Automotive Safety & Victims’ Aid
*2:Japan New Car Assessment Program
*3:Autonomous Emergency Braking System
*4:Lane Departure Warning System