SUBARU、新型「レヴォーグ」「WRX S4」に最新アイサイトを搭載して本年夏に発表へ


進化した最新アイサイトの搭載で、運転負荷の大幅軽減を目指す

SUBARU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は、「レヴォーグ」「WRX S4」を大幅改良し、本年夏に発表する。

この新型「レヴォーグ」「WRX S4」には、運転負荷の大幅軽減や事故低減に貢献する先進安全技術として、大きく進化したアイサイトを搭載し、これまで培ってきた総合安全性能を大幅に向上させていく構え。

さらに同社によると、内外装の質感向上や走行性能の進化を実現し、両モデルの持つ個性を徹底的に磨き上げていると云う。

SUBARUオフィシャルウェブサイトでは、車両公開のための専用サイト< >を6月5日から開設し、今後、新型「レヴォーグ」「WRX S4」の情報などを配信。

さらに6月下旬には進化したアイサイトのムービーコンテンツを公開する予定としている。

また、SUBARUの販売店ではこれらの発表に先駆けて、新型「レヴォーグ」「WRX S4」の先行予約受付を開始している。