SUBARU、赤外線センサ搭載の警戒飛行実験に成功

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARUは2018年10月17日、同社航空宇宙カンパニー(栃木県宇都宮市)が防衛装備庁より受注している「航空機搭載型小型赤外線センサシステムインテグレーションの研究試作」に係る飛行試験機の初飛行に成功したと発表した。

この航空機搭載型用の小型赤外線センサシステムを装備した飛行試験機を用いて同社テストパイロットの操縦で10:08に陸上自衛隊・宇都宮飛行場を離陸後、周辺空域で1時間弱の初飛行を消化した。飛行試験機は、既存の小型航空機を改修したもので警戒監視用の小型赤外線センサ、高度な飛行制御システムを搭載している。

SUBARUでは「小型航空機や無人航空機をはじめとする航空機のシステムインテグレーションに関して、40年以上に渡る開発経験により培った技術基盤を持っており、その技術と経験が本事業においても十分に発揮されています」と試験飛行の成功を改めてコメントしている。