スバル、ネパールの地震被害に対して300万円の義援金で支援

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

subaru-to-help-in-donations-of-¥-3-million-to-nepal-of-earthquake-damage20150519-1

ネパール地震被害に対する支援について

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下スバル)は、5月19日、先のネパール中部で発生した大地震の被災地に義援金300万円を拠出すると発表した。

義援金は、支援活動を行う日本赤十字を通じて寄付される。スバルのWebサイトに掲載された、同社のコメントは以下の通り。

2015年4月にネパールで発生した地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

富士重工業は、日本赤十字社を通じて、被災地に対し総額300万円の義援金を寄付します。
被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。