スバル、東京オートサロン2016に日本初公開のコンセプトカーを出展


subaru-y-exhibio-el-coche-de-concepto-de-la-premier-de-japon-en-tokyo-auto-salon-201620151224-3

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下スバル)は、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1と共同で、2016年1月15日~17日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2016 with NAPAC*2」に出展する。

スバルブースでは、STIブランドの活動領域を表現したコンセプトカー「STI Performance Concept」を日本で初公開する。

subaru-y-exhibio-el-coche-de-concepto-de-la-premier-de-japon-en-tokyo-auto-salon-201620151224-2

また、より本物の質感を追求しSTIブランドの可能性を広げる「LEVORG STI CONCEPT」や、SUBARU XV HYBRIDにSTIブランドの世界観を織り込み新たな魅力を表現した「SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT」を出展していく。

加えて2016年のモータースポーツ参戦予定車として、今年クラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦予定車の「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」。

さらにSUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2016」の展示も行う。なお車両の詳細など来季モータースポーツ参戦体制については、1月15日のプレスカンファレンスにて発表していく。

併せてSUBARUオフィシャルWEBサイトでは、オートサロン特設WEBサイト< >を開設し、参加型のコンテンツやスバルブースに関する情報を配信する。

ちなみにスバルブースの様子は、公式チャンネルである「SUBARU-USTREAM」< >*3、の他、ニコニコ動画< >*4に於いてもライブ配信を行っていく予定。

*1:スバルテクニカインターナショナル(株)(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)
*2:日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会。
*3:Ustreamは、Ustream Asia株式会社が運営するライブ動画配信サイト。
*4:ニコニコ動画は株式会社ドワンゴが運営するライブ動画配信サイト。

【主な出品車両】
◆STI Performance Concept ≪参考出品車≫
「STI Performance Concept」は、STIのパーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツといった活動領域を表現したコンセプトカー。
STI 製サスペンション、ブレーキ、内外装部品等を含めて、一台のコンセプトカーとして提示することで、STI のパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具現化。

また、エンジンにはSuper GT レース用のEJ20型2.0ℓ水平対向4気筒ターボエンジンを搭載することで、モータースポーツ活動を表現するなど、STIの活動を象徴するモデル。

◆LEVORG STI CONCEPT ≪参考出品車≫
従来の「S」シリーズや「tS」シリーズといったSTIコンプリートカーとは異なる「STIブランドが持つスポーティイメージと上質な内外装を融合した身近なSTI」という新たな価値を表現したコンセプトモデル。

エクステリアはボディカラーに「WRブルー・パール」を採用。レヴォーグのスポーティな印象を際立たせ、より質感を高めた専用フロントマスクやSTI製18インチアルミホイールを採用することで、洗練されたデザインとした。

インテリアには専用のボルドー/ブラックのツートン仕様に専用加飾を施し上質感を演出。足回りにはSTI専用チューニングダンパーを採用し、しなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを両立させている。

質感の高い内外装とSTIブランドに相応しいスポーティな走行性能を両立した、安心して愉しく走れるクルマの新提案となる。

◆SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT ≪参考出品車≫
SUBARU XV HYBRIDの持つスポーティ&カジュアルなデザイン表現やハイブリッドによる軽快な走りと、STIブランドのスポーティさを融合したお客様が「ワクワク」する愉しさを表現したコンセプトモデル。

エクステリアは、ボディカラーの「クォーツホワイト・シリカ」にオレンジのアクセント色を随所に加える事でアクティブかつスポーティな印象を高めた。

インテリアはオレンジ&ベージュを加えた専用設定とし、STIらしさを踏まえつつPOPな演出により、多くのお客様に愉しんでもらえるインテリアを表現した。

また、STI スポーツパーツの採用によりSTIらしい強靭でしなやかな走りを実現すると共に、ステアリングには出力特性を切り替えるSI-DRIVEの「S#(スポーツシャープ)モード」スイッチを設定し、スバルの走りの愉しいハイブリッドの魅力をより高めた。

【出品車両一覧】
subaru-y-exhibio-el-coche-de-concepto-de-la-premier-de-japon-en-tokyo-auto-salon-201620151224-4
【イベント期間中の主な取り組み】
・モータースポーツトークショー
モータースポーツ活動を通じて「安心と愉しさ」を提供し続ける総監督や参戦ドライバーによるトークショーを実施。SNSで募集した質問にお答えする参加型コンテンツも行う。

・WEB配信
総監督や選手への質問をオートサロン特設WEBサイト<  >で募集。他にも、Ustreamやニコニコ動画でのライブ配信も実施する。

・新型SUBARU XVプレゼント
「クルマが当たる!!アンケートプレゼント< >」の特賞として、新型SUBARU XVを提供。

・SUBARU/STIグッズ販売コーナー
オートサロン会場限定品を含むSUBARU/STIグッズの物販を実施する。