住友ダンロップ、モトクロス競技専用タイヤ「ジオマックスMX12」を発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)は、サンド・マッド路面向けモトクロス競技専用タイヤDUNLOP「GEOMAX MX12」を4月25日(火)から順次発売する。発売サイズは、フロント1サイズ、リア2サイズで、価格はオープン価格。

GEOMAX MX12(フロント)

「GEOMAX MX12」は、国内外のレースで培ったダンロップの最新テクノロジーで開発したモトクロス競技専用タイヤ。

GEOMAX MX12(リア)

トレッドパターンに新デザインを採用し、断面形状を刷新することで同社従来品に比べ、「加速時のトラクション」「コーナリング時のサイドグリップ」「衝撃吸収性」などを向上させ、サンド・マッド路面に於いて優れた性能を発揮する施策を施した。

なお対応車両は、250ccから450ccまでのモトクロス競技専用車両となる。※GEOMAX MX12はモトクロス競技専用タイヤのため公道走行はできない。

特長
V-BT(V-Block Technology)
サンド・マッド路面に最適なブロックの角度、配置、形状をリアタイヤに採用することで、加速及び旋回時のトラクション、スライドコントロール性を向上させた。

PCBT(Progressive Cornering Block Technology)
リアタイヤのショルダーブロックのブロック表面を二段階の高さとした、二段ステップブロック形状にする技術(PCBT)により、タイヤが路面を引っ掻く“エッジ効果”を高め、加速時のトラクション、コーナリング時のサイドグリップおよびスライドコントロール性を向上させることで、より安定したコーナリングが可能となった。

CTCS(Carcass Tension Control System) CTCS
タイヤの形状を最適化、従来品※と比べタイヤ外径が大きくなり、路面との接地長の増加によりトラクション性能が向上した。またタイヤのたわみ量を増やすことで衝撃吸収性も向上している。

サイズ・フロント
GEOMAX MX12 80/100-21 51M

サイズ・リア
GEOMAX MX12 100/90-19 57M
GEOMAX MX12 110/90-19 62M