住友ゴム工業の開発技術がタイヤテクノロジーオブザイヤー受賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣)のタイヤセンシング技術「SENSING CORE」が、3月5日~7日にドイツ・ハノーバーの「Tire Technology Expo 2019」内で開かれた「Tire Technology International Awards for Innovation and Excellence」で「Tire Technology of the Year」を受賞した。

同社がこの賞を受賞するのは2010年の「第4世代ランフラットタイヤ技術」、2017年の「新材料開発技術ADVANCED 4D NANO DESIGN」に続き3度目。

「Tire Technology Expo」は、2001年より毎年欧州で開催されているタイヤ製造等に関する技術発表・展示会で、タイヤメーカーをはじめ素材メーカー、公的研究機関などがその研究成果を発表し、5分野で優秀な技術が表彰される。

3月6日に開催された授賞式には、オートモーティブシステム事業部 DWSビジネスチームリーダー 川崎裕章が出席し「タイヤは車の基本性能を左右するコア部品の1つで、タイヤ無しに走行することはできません。

次世代モビリティ社会における自動運転やカーシェアリングを考えると、そのようなタイヤの重要性はますます高まると言えます。

『SENSING CORE』は、タイヤそのものをセンサーに変える新しい技術であり、付加的なハードウェアなどのセンサーを必要とせず、私たちが独自に開発したソフトウェアアルゴリズムによって、タイヤのグリップ状態や荷重などを検知することができます。

『SENSING CORE』は、自動運転や安全なモビリティ社会の実現に貢献できる技術の1つであると信じています。」とコメントした。

ちなみに「SENSING CORE」は、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析し、路面の滑りやすさやタイヤにかかる荷重などの情報を検知する技術。

同技術を発展させることで、例えば入手したデータをクラウド経由で街・社会の情報に統合すれば、そのデータを入手した車両は路面やタイヤに起因する危険をあらかじめ察知し、回避することが可能になる。