住友ゴム工業の新材料開発技術「アドバンス 4D ナノ デザイン」が欧州の技術アワードを受賞


ドイツ・ハノーバーの「Tire Technology Expo 2017」で「Tire Technology of the Year」を受賞

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」が、2月14日(火)から16日(木)にドイツ・ハノーバーで開催された「Tire Technology Expo 2017」に於いて「Tire Technology of the Year」を受賞した。

Tire TECHNOLOGY INTERNATIONAL 2017
「Tire Technology Expo」は、2001年より毎年欧州で開催されているタイヤ製造等に関する技術発表・展示会で、タイヤメーカーをはじめ素材メーカー、公的研究機関などがその研究成果を発表し、5つの分野(Tire Manufacturing Innovation of the Year、Environmental Achievement of the Year、Tire Technology of the Year、Tire Industry Supplier of the Year、Tire Manufacturer of the Year)で優秀な技術を表彰するもの。

中央が中瀬古常務執行役員

表彰されたのは同社の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」で、これは低燃費・グリップ・耐摩耗性能の相反要素を、大型放射光施設「SPring-8」※1、大強度陽子加速器施設「J-PARC」※2、スーパーコンピュータ「京」※3の連携活用で解析し、シミュレーションすることを可能にした技術。

同社では、「今受賞は当社の新材料開発における先進的な取り組みと、高い技術力が認められた結果であると考えており、今後もこの技術の採用により、低燃費・グリップ・耐摩耗性能を高い次元で両立し、顧客ニーズを満たした商品力の高いタイヤを生み出してまいります」と述べている。

※1世界最高性能の放射光を生み出すことができる大型放射光施設(兵庫県佐用郡佐用町)

※2最先端研究を行うための陽子加速器群と実験施設群(茨城県那珂郡東海村)

※3世界有数の計算速度を誇る、スーパーコンピュータ(兵庫県神戸市中央区)

「Tire Technology Expo」Webサイト: