住友ゴム工業、環境省の「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加


in-the-nurburgring-24-hour-race-dunlop-mounted-vehicle-class-victory20150520-2-min

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)並びに住友ゴムグループは、今年も環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加した。

sumitomo-rubber-industries-participated-in-the-co2-reduction-lights-down-campaign-of-the-ministry-of-the-environment20160622-1
消灯前(ダンロップスポーツクラブ 札幌店)

具体的には、6月21日(火)20時から22時まで、住友ゴム工業本社(神戸市)、グループ会社、工場、営業所をはじめとする全国関連施設478カ所で一斉に屋外照明の消灯を行うと共に、神戸本社では定時退社推奨による消灯を行った。

さらに、7月7日(木)も、20時から22時まで全国の関連施設に於いて、屋内・屋外の照明を消灯する取り組みを行う予定。

sumitomo-rubber-industries-participated-in-the-co2-reduction-lights-down-campaign-of-the-ministry-of-the-environment20160622-2
消灯後(ダンロップスポーツクラブ 札幌店)

住友ゴムグループでは、2004年からこの取り組みに協力しており、2015年には9921Kg*のCO2削減を実現している。

環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の消灯を呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施している。

これは、ライトアップに慣れた日常生活のなか、電気を消すことでいかに照明を使っているかを実感し、地球温暖化問題について考えてもらうことを目的としている。

今年も6月21日(夏至の日)から7月7日(クールアース・デー)までの間、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施するとともに、6月21日と7月7日の両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼びかけている。

住友ゴムグループでは、「これからもエコ・ファースト企業としての社会的使命を果たすため、持続可能な社会の発展に貢献していきます」と述べている。

*「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」による2016年度報告に使用する代替値0.579kg-CO2/kWhを用いている。

環境省「ライトダウン2016」
 To-jump-to-external-page20150401