鈴鹿8耐タイヤメーカーテスト、YAMAHA FACTORYはトップタイムで最終テスト終了

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月23日の開幕迫る鈴鹿8耐に向け、YAMAHA FACTORY RACING TEAMが7月14日・15日、鈴鹿サーキットでの2日間に渡る最終テストを終えた。

初日に続くドライコンディションのなかで、午前中に1時間半、午後に1時間半を走行。予定していたテストを順調にこなし、本番への大きな手応えを掴んだ。

suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-9-min

中須賀克行選手は、2日間を通して、タイヤの最終セレクト、燃費チェックなど各種テストをこなした。

その一方、ポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手は、タイヤの確認、コースの把握を中心に2人で一台のマシンをライディング。最終日には、中須賀選手がセッティングを進めるマシンに乗る場面もあり、セッティングの方向性を合わせる作業にも取り組んだ。

suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-1-min

2日間のテスト中3人は「全員が速く走ることができるマシンが大切」と声を揃えていたが、セットアップの方向に大きな違いがなかったことから「満足なマシンになった」と決勝に向けて手応えを掴んだ模様。

その好調を証明するように、タイムでも、初日が2分7秒995、2日目も2分8秒167と両日トップタイムをマークしており、3人が感じた手応えがそのまま結果に現れた。

世界耐久選手権に参戦しているGMT94 YAMAHAは、新型R1、そしてダンロップタイヤというこれまでとは異なるパッケージとなったことで、2日間ともにセッティング向上に時間を費やし、試行錯誤を重ねながら走行。

タイムは、初日・2日目ともに10秒台としており、世界耐久選手権のレギュラーチームらしく、総合力を着実に積み重ねテストを終えた。suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-2-min

一方、2015年型YZF-R1の開発チーム、team R1 & YAMALUBEの時永真選手、藤原儀彦選手は、2日間ともセッティングに多くの時間を費やした。

これにより、初日の13秒台から、2日目はSSTクラスで2番手となる12秒台へ更新。大きな壁を越え好調のまま本番を迎えることとなった。磐田レーシングファミリーも、本番用セッティングの設定に成功するなど確実に前進を遂げており、本番での期待が高まるテストとなった。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
中須賀克行選手談
「今回のテストでは、ロングランを中心に燃費チェックとタイヤチョイスを行い、本番に向けてのタイヤを選定できました。7秒台は記録できませんでしたが、タイムを狙っていたわけではなく、あくまでもマシンの最終化が目的だったので、問題だとは思っていません。suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-12-min

それよりも、ポルとスミスがよいタイムで走れたことが収穫で、非常に良い状態でテストを終えることができました。今年は新しいR1となり、全日本のスプリント仕様に合わせて耐久仕様を開発することはとても大変でした。

それでも、8耐マシンが全日本と遜色ないレベルで、3人の誰が走っても速いバイクに仕上がり、これもファクトリーだからできることだと思います。だからこそヤマハ、チームに感謝するとともに、最後はチーム全員で一緒に笑いたいと思います。

個人的には、全日本では5度のタイトルを、MotoGPでは表彰台を獲得していますが、この8耐だけ表彰台の経験がありません。だからこそ、R1の絶対的な速さを見せつけ、表彰台、いやポール・トゥ・ウィンできれば最高ですね。もちろん、このチームであればそれができる。本番が楽しみです」

同・ポル・エスパルガロ選手談
「MotoGPはトップから多くが2秒差の中に収まるとてもハードなレースです。一方の8耐はライダーの数が多く、しかもタイムに10秒以上の差がある状況。まずそれを理解し、受け入れること。そして、自分をコントロールすることも必要になるとても難しいレースです。

suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-11-minそしてなにより、僕とスミスが8耐のルーキーであることを忘れてはなりません。このコースを知り尽くす日本のライダー、海外のライバルはとても強力です。それでも、とても速い中須賀選手がいて、2日間を通じてセッティングも上手く仕上がり、僕もスミスもよいタイムで走れるようになりました。

さらにチームワークが非常に良くなっており、僕としても、チームメイトが速く走るために100%協力する覚悟です。後はスタートを待つのみ、そしてチームのため、応援してくれるファンのためにベストを尽くすだけです」

同・ブラッドリー・スミス選手談
「8耐はマシンを3人でシェアするということで、正直どれだけできるのかわかりませんでした。でも、この2日間、3人ともにセッティングが非常に近いということが確認できたし、テストも満足の結果が得られ、状態としてはマシンも僕も95%の状態までもっていくことができました。suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-10-min

鈴鹿8耐は、僕だけで戦うイベントではありません。中須賀選手、ポル、そしてチーム全員のイベントです。だからこそお互いなにができるかを真剣に考え、ベストを尽くすことが大切なのです。例えばポルはMotoGPではライバルですが、この8耐では良きチームメイトとして力を合わせて戦っています。

それでも決勝は未知の世界です。不安もあれば、緊張もしていますが、自分の心と体がためされる場でありそのチャレンジが楽しみです。すばらしいマシン、ライダー、スタッフが揃ったチーム。決勝は必然的に好成績がついてくるはず。ぜひ期待してください」

#94 GMT94 YAMAHA
デビット・チェカ選手談
「耐久レースは事前のテストが非常に重要。特に今回は新しいパッケージになり、マシン、タイヤの状況を把握し、またそのコンビネーションを高めてリズムよく走れるようになることが重要です。

だからこの2日間は、それを重点的に行ってきました。現状をいえば、以前のR1には6年間の蓄積があったため、トータルパッケージでは完全に追いついていませんが、マシン自体のパフォーマンスは高く、着実に今回のテストで前進できたと感じています。

suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-5-min

まもなく本番を迎えますが、特に目標とする順位を設定しているわけではありません。完走すること、そしてポイントをとることに全力を注ぐだけです。

ただ、鈴鹿8耐はなにが起こるかわかりません。2012年のように表彰台の可能性もあります。本番では熱いバトルをファンの皆さんに届けます。多くのファンが応援してくれることを楽しみにしています」

同・ケニー・フォーレイ選手談
「今年は、良い意味でR1に変化がありました。パワー、軽さなど、本当にすばらしいパフォーマンスを持つマシンです。それでもシーズンのスタートは簡単ではありませんでした。

チェカ選手に怪我があったこと、そしてマシンを自分たちのものにできていなかったからです。そして鈴鹿8耐は、チャンピオンになるためにはとても重要な大会となります。少しでも多くのポイントを持ち帰る必要があるのです。

今回のテストは、タイムや順位を求めている訳ではなく、あくまでも本番で最大のパフォーマンスを出すための経験をする機会でした。タイヤとマシンのマッチング、それに僕自身がマシンに慣れることに多くの時間を使い、大きな手応えをつかむことができました。

本番は大勢のファンの前で走れることをとても楽しみにしています。同時に皆さんに喜んでもらえるリザルトを残せるよう最大の努力を行います。鈴鹿でお会いしましょう!」

同・クリストフ・ギュオ監督談
「R1はまるでMotoGPマシンのようにすばらしいポテンシャルがあります。開幕戦の時はまだデータがなく万全ではありませんでしたが、今回のテストではタイヤにライダーたちが慣れ、マシンをセットアップすることに力を入れてきたので、決勝はさらに進化した状態で戦えることができると確信しています。

しかし、トップチームとの差はまだあるというのが現状ですが、我々は勝利をめざして戦います。なぜなら、我々チームは多くの人の夢をかなえることをモットーにしているからです。

鈴鹿で我々は多くのファンに愛されてきました。今年もぜひパドックに遊びにきてください。そして多くの声援をいただければと思います」

#14 team R1 & YAMALUBE
時永真選手談
「ここまでのテストはウエットばかり。ようやくこの2日間、やりたいことができたという感じです。その中での一番の収穫は、良いタイムを出せたこと。今日ここで僕は自分のベストとなる12秒台を出すことができたのです。

トップチームと比較すればまだまだですが、自分にとっても、チームにとっても本番に向けての追い風になったことはまちがいありません。suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-4-min

さらにR1の開発チームとして、僕のようなサンデーライダーが、テストでベストタイムを出せたことは、やはりR1がよい形で仕上がっていると確認できた瞬間でもありました。一方で、藤原さんは、まだ力を発揮できていません。課題はそこになります。

今回も藤原さんが10秒台を狙えるバイクにするため、かなり試行錯誤しましたが、そこまで辿りついていません。決勝までわずかですが、ウィークを使ってさらに前進させたいと思っています」

同・藤原英樹監督談
「ドライコンディションでのテストははじめてのこと。SSTクラスにできることは、大きく言えば、車体のセッティングですが、ほぼ想定していたテストをこなすことができました。

そして、良い状態へとマシンは仕上がりました。それを証明しているのが、時永選手が12秒台に入れたことです。藤原選手も13秒台で安定して走れています。ライダーだけでなく、みんなが手応えをつかんだテストになりました。

私たちは、SSTクラス優勝を掲げて活動してきましたが、開発ライダー3人が、自らR1のパフォーマンスを証明する瞬間が近づいてきました。本番が本当に楽しみです」

#60 磐田レーシングファミリー
西村一之選手兼監督談
「ようやくドライコンディションを走ることができ、3人が納得のセッティングを作り込むことができました。タイムもまずまずだし、ロングランで安定しているのも良い状況です。

ウィークに入ればさらにタイムも上がってくると思います。そして#14は非常に良いタイムを出していますが、同じR1を使う社内チームということで、とても良い刺激になっており、自分たちもやれることをしっかりとやって決勝に臨みたいと思います。suzuka-8-tire-manufacturers-test-yamaha-factory-final-test-ends-with-top-time20150717-3-min

目標は第一が完走です。というのも会社から多くのサポートをもらっている責任感もあるし、これまで支えてくれたチームのみんな、特に若手に達成感を味わってもらいたいからです。

そしてR1をしっかりアピールすることもこのチームのミッション。完走は第一条件ですが、走るからにはSSTクラスの表彰台を目指します。マシンはマフラーとタイヤ以外はノーマルの状態、そのマシンでどれだけやれるか楽しみにしてください」

その他の記事(新車関連)
日産、ノートカスタムのライダー、アクシス、LV刷新
フォード、新SUV「リンカーン ナビゲーター」発売
日産、「ノート」をマイナーチェンジ
オーテックジャパン、エクストレイルモード・プレミア
トヨタ、新型軽乗用車ピクシス メガを発売
レンジローバー・イヴォークアーバナイト100台限定発売

光岡自動車、ミディアムセダンRyugiをマイナーチェンジ
富士重工業、SUBARU BRZ tSを300台限定発売

VW、ビートル生誕77周年記念のThe Beetle追加
富士重工業、スバルWRX S4/STIを改良し発売
トヨタ、ポルテおよびスペイドを一部改良

プジョー308 GT Line / 308 SW GT Line発売
プジョーRCZ GT Lineを発売

ダイハツ、ウェイクにモンベル・波伝説仕様車追加
トヨタ、ヴィッツを一部改良Toyota Safety Sense C搭載
ホンダ、インドネシアモーターショーに新BR-V出展

トヨタ、プリウスPHVを一部改良して発売
モーガン、英国で電動3輪車「EV3コンセプト」を公表
BMW、ニュー6シリーズを発表
ルノー・ジャポン、ルノー キャプチャーカンヌ40台限定
FCAジャパン、AlfaRomeoGiulia(ジュリア)を公開

フォルクスワーゲン新Passat/Passat Variantの受注開始
スズキ、エブリイ・スペーシアに車いす移動車を追加
Alfa Romeo Giulia(アルファ ロメオ ジュリア)走行映像公開
新型MINI Clubman(ミニ・クラブマン)登場
FCAジャパン、Fiat 500/500C Gialla(ジャッラ)発売

FCAジャパン、Fiat Panda 4×4 Comfort発売
FCAジャパン、Alfa Romeo Giulietta105周年限定車発売

ポルシェボクスターと911カレラのブラックエディション
BMW4グランクーペStyle Edge xDrive135台限定
アウディA5 Sportback / A5 coupe S line competition

Mercedes-AMG A 45 4MATIC Yellow Color Line発表
インフィニティ新Q30今秋フランクフルト2015で初公開
ホンダ、GRACE(グレイス)にガソリン車を追加し発売
スバル、インプレッサ SPORT HYBRID発売
ダイハツ、3つ目の意匠となる「コペン セロ」を発売

三菱、新型アウトランダーPHEV/アウトランダー発売
MBJCLA シューティングブレーク発表
MBJ、CLA Shooting Brake OrangeArt Edition
MB、新クロスオーバーGLC世界初公開
フォード、エクスプローラーLIMITED EcoBoost限定200台

トヨタ、ランドクルーザープラドを一部改良して発売
アウディ、AUDI R8 E-TRONいよいよ受注開始へ
ホンダ、MotoGPマシンの公道走行車「RC213V-S」発売
VW、UP
!にアイドリングストップ機能、燃費12%向上
BMW、新7シリーズを欧州マーケットで公開

ケータハム、欧州市場へワイドボディ、セブン275R
VW、6年ぶりにM/Tモデルを導入・受注開始
FCAジャパン、コンパクトSUV「Fiat500X」今秋販売
BMW、次世代BMW X1を欧州において公開
BMW、640iクーペM Performance Edition全国10台限定

その他の記事(モータースポーツ)
フォルクスワーゲン世界ラリー選手権(WRC)6勝目
アウトランダー、ファルケンでバハ・ポルタレグレ挑戦
TOYOTA GAZOO Racing、WRC推進体制を発表
プジョー 208 GTi、全日本ラリー選手権4戦クラス5位
充電池エネループで鈴鹿サーキットを疾走する競技会

米国TUSC第6戦、ファルケンタイヤ装着車がクラス優勝
欧州の宝石、エンスタール・クラシックとポルシェの蜜月
シトロエンDS、フォーミュラEに参戦発表
WTCC第6戦・スロバキアでもシトロエン勢の強さ際立つ
SUPER GT500第3戦タイ、S Road MOLA GT-R3年ぶりの栄冠

トヨタ、ル・マン24時間レース健闘したが雪辱果たせず
ポルシェ、ル・マン24時間レース後のチームコメント
ル・マン24時間、ポルシェ1998年以来17年振りの優勝
フォード、来年度のル・マン24時間耐久レースに参戦宣言
ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご

その他の記事(イベント)
鈴鹿8耐前夜祭で3メーカーのスーパーマシンが競演
マツダ、「船積み見学会」を開催7/21
日産、本社ギャラリーで夏休みファミリーイベント開催
東名高速・足柄で行列のできる法律相談所イベント
第20回NAPAC走行会in富士、参加者100名募集中

マツダ、Be a driver. Experience at Roppongiを開催
名神高速道路、全線開通50周年キャンペーンを開催
東名高速 ・足柄「エヴァンゲリオン」とコラボ
ポルシェ、軽井沢でMacanの試乗会7/22まで
BMW、音楽イベントSadao Watanabe Orchestra協賛

三菱「スターキャンプ2015 in朝霧高原」を開催
トヨタ博物館、企画展「はたらく自動車」を開催
BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015開催、8月29・30日
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
トヨタ「第39回トヨタ ロビーコンサート」7/30開催

その他の記事(技術)
ZF、都市型スマートEVの試作車を公開
国交省、ディーゼル重量車・二輪車排出ガス規制強化へ
ウィーン工科大、二輪エアバッグにポルシェ博士賞授与
豊田自動織機、トヨタのディーゼル開発・生産の集約加速
ジャガー・ランドローバー、クルマをスマホで遠隔操作
ボッシュ・ダイムラー・car2goで自動駐車実用化へ

ジャガー・ランドローバー、開発中の安全技術を語る
国土交通省、電柱などの側面衝突の乗員保護基準を新設
テスラとガエレクトリックPowerPackをアイルランド導入
ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIウイーン公開

トヨタ、燃料電池進化の糸口掴む。性能向上の取組み加速
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用
理研、太陽光エネルギーを水素へ変換するシステム実現へ
スズキの欧州販売車VITARA、ユーロNCAP評価で5つ星獲得
アウディ、電動ターボ搭載TTクラブスポーツコンセプト

その他の記事(企業・経済)
ホンダ、シビック・ツアラー燃費ギネス記録を更新
タイムズカープラス会員数50万人突破
イタリア・アレーゼのアルファロメオ歴史博物館探訪
トヨタ新株「AA型種類株式」7月3日より受付開始
ボルボ、チャイルドシートの新ラウンジコンセプト公開

ルノー・日産アライアンス、EV販売累計25万台報告
国内車メーカー3社、水素ステーションの整備促進へ
スズキ、代表取締役の異動と役員新体制を発表
マツダ、グッドウッドフェスティバルオブスピード参加
タカタ株式会社、6月25日に定時株主総会を開催

トヨタ、北米新本社屋の完成予想図を公開
日産、第116回 定時株主総会。ゴーン氏報酬初の10億円超
ホンダ、株主総会開催。伊東孝紳社長、リコールに陳謝
いすゞとGM、米国向け商用車に関する協業に合意
トヨタ、定時株主総会で新型種類株式の発行を可決

スズキ、マレーシアのプロトン社と協業
カローラ、長谷川氏の想い受け継ぎ国内累積1000万台
独ダイムラー、産業・家庭用蓄電池ビジネスに参入
スズキ2気筒0.8Lディーゼルエンジンを開発しインド投入
住友ゴム工業、Goodyear社とのアライアンス契約合弁解消

その他の記事(話題)
チャイルドシート使用率、5歳使用率が昨年より低下
女性ウケNo1の車体色はブラック、嫌な色は…
世界の乗用車売上8,500万台から2030年は1億3,300万台に
AmazonにNGP日本自動車リサイクル事業協同組合出店
ホンダ社長会見、八郷隆弘新社長スピーチ骨子

ネスレ、移動販売車を無料提供する新ビジネスモデル開始
ベンツ日本、輸入車でもプレミアムブランドでもNo.1獲得
ファルケン、欧州向けSUV用フラッグシップタイヤ日本発売
MBJ、自動車誕生130周年記念キャンペーンを実施
プジョー、308/308SW体験出2つの試乗キャンペーン

JAFホームページで車両冠水の検証テスト動画を公開
MBJ、羽田空港に情報発信拠点をオープン
パイオニア、LTE通信ミラー型テレマティクス端末を発売
JAFのWebサイトに対話型ナビゲーター登場
日本エレクトライク、三輪EVの型式認証を取得

JAF長野が検証、チャイルドシートの取付9割が不適切
ポルシェ、クラシック911用ダッシュボードを再現し販売
ホンダシビックツアラー1.6i-DTEC燃費のギネス記録挑戦
DeNA、スマホ向け無料カーナビアプリ「ナビロー」提供
運転テクニックアンケ、女性「合流」・若者「駐車」が苦手

WeightymattersサイトTOPに戻る