スズキ「アルト/アルト ラパン」が2016年次 RJC カー オブ ザ イヤーを受賞


スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)の軽乗用車「アルト」、「アルト ラパン」が、NPO法人 日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2016年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。

suzuki-launched-the-new-mini-passenger-car-alto-lapin-20150603-9-min

1979年の発売開始から36年の歴史を持つ「アルト」にとって、初の「RJCカー オブ ザ イヤー」の受賞となった。

なお、スズキ車が「RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年、2010年)、「ハスラー(2014年)」に続き、2年連続、6度目の受賞となる。

RJCの受賞理由は、「アルト・シリーズは新設計のプラットフォームによる軽量化が最大の特徴である。

その結果、操縦性や燃費が向上した。そうしたプラットフォームと足のバランスはすばらしく、ノーマルでもコーナリングの安定性は想像以上に高い。

suzuki-alto-turbo-rs-test-drive-symbol-car-to-take-the-senior-segment-market20150507-1-min

また、アルトだけでなく、スポーティモデルのRSやファッション性の高いラパンなど、モデルバリエーションも多い。基本性能の高さと選択肢の多さを評価した。」としている。

8代目となる新型「アルト」は、乗りやすさ、扱いやすさ、お求めやすさなど、ベーシックな軽自動車としての基本性能を備え、より一層、軽自動車の価値を高めるクルマとして2014年12月22日に発売した。

2015年3月11日に「アルト ターボRS」、6月3日に「アルト ラパン」を追加して多様化するお客様に対応し、新型「アルト・シリーズ」の累計販売台数は約9万4千台となっている。

「アルト」は、1979年の初代「アルト」発売からの国内累計販売台数(アルト ラパンを含む)が約557万台にのぼる、スズキの最多販売車種である。

「2016年次 RJC カー オブ ザ イヤー」の概要
25回目を迎えた本年度のRJCカー オブ ザ イヤーの選考は、2014年11月1日から2015年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって実施された。11月2日に「6ベスト」が選出され、その中から11月10日の投票によって2016年次RJCカー オブ ザ イヤーが決定した。

【RJC カー オブ ザ イヤー】 スズキの受賞歴
回/年次/受賞内容
第3回/1993~1994年次/RJCニューカー オブ ザ イヤー ワゴンR
・RJCマン オブ ザ イヤー/取締役社長 鈴木修
第15回/2006年次/RJCカー オブ ザ イヤー スイフト
第16回/2007年次/RJCパーソン オブ ザ イヤー 取締役社長 津田 紘
第18回/2009年次/RJCカー オブ ザ イヤー ワゴンR/ワゴンRスティングレー
第20回/2011年次/RJCカー オブ ザ イヤー スイフト
第22回/2013年次/RJCテクノロジー オブ ザ イヤー スズキグリーン テクノロジー
第24回/2015年次/RJCカー オブ ザ イヤー ハスラー

「NPO法人 日本自動車研究者 ジャーナリスト会議」のサイトへ

「アルト」WEBカタログ

「アルト ターボRS」WEBカタログ

「アルト ラパン」WEBカタログ