スズキのアルト・ラパン「オートカラーアウォード2015-2016」グランプリ受賞


一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:多田 和資)では、優れた車両のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォードAuto Color Awards」を年に1回実施している。

suzuki-alto-lapin-auto-color-award-2015-2016-grand-prix20151214-5

今年は、12月12日(土)に横浜美術館(神奈川県横浜市西区)にて「オートカラーアウォード2015-2016」の審査会が行われ、15のノミネートの中から栄えあるグランプリをスズキのアルト・ラパンが受賞した。また、今回はグランプリの他に2つの「特別賞」が選出されている。

■グランプリ
スズキ株式会社 「アルト ラパン」
“テーマ/「あ、好き!」心がときめくぬくもりカラーコーディネート”

●エクステリア:フレンチミント3トーン/
インテリア :グレージュ内装×キャメルシートファブリック
●エクステリア:コフレピンク3トーン/
インテリア :グレージュ内装×ベージュシートファブリック
●エクステリア:フォーンベージュ3トーン/
インテリア :グレージュ内装×ブラウンシートファブリックー

担当デザイナー/平井 利枝(ひらい りえ)氏

【メーカーからのメッセージ】
一目見た瞬間の「あ、好き!」を大切に、ときめきのあるカラーコーディネートでぬくもりと心地よさをデザインしました。「カワイイ!」を生み出す様々な仕掛けがたくさん詰まった、こだわりの新型ラパンです。
心がときめくぬくもりの内外装カラーコーディネートをご覧ください。

【授賞理由】
生活者のライフスタイルが見えるカラーデザインである。
カラーデザイナーの思いが、細部にまで生かされ、世界観を構築している。
自動車でこれまで採用されにくかった色域に果敢に挑戦し、実現したことは素晴らしい。

suzuki-alto-lapin-auto-color-award-2015-2016-grand-prix20151214-2■特別賞
マツダ株式会社「マツダ CX-3」
“テーマ/素材感でクルマを作る”

●エクステリア:セラミックメタリック/インテリア:ピュアホワイト

担当デザイナー/木村 幸奈(きむら ゆきな)氏

【授賞理由】
セラミックの質感を、今までにある技術を使って試行錯誤を繰り返しながら完成させた。
マツダのブランド構築をカラーが先導して行っていることがよく理解できるのが、マツダの赤であり、このCX-3のセラミックメタリックといえる。
レッドを効かせたインテリアにもこだわりが感じられる。

suzuki-alto-lapin-auto-color-award-2015-2016-grand-prix20151214-3■特別賞
ヤマハ発動機株式会社 「MT-25/07/09/09トレーサー」(二輪)
“テーマ/RBシリーズカラー戦略”

●マットシルバー1/レースブルー

担当デザイナー/安田 将啓(やすだ まさひろ)氏、青木 省吾(あおき しょうご)氏

【授賞理由】
二輪の駆体デザインを考える上では、カラーとグラフィックの重要性が高い。
ブルーというブランドカラーを使いながら、CMFG(カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィック)を駆使し、4種類のバイクの違いを作り上げたことが評価された。

suzuki-alto-lapin-auto-color-award-2015-2016-grand-prix20151214-4■オートカラーアウォードについて
一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)が主催する、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度で、1998年からはじまり今年で18回目を迎えた。

車両のカラーデザインは、CMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)、ライフスタイル、安全性など様々な分野を視野に入れプロダクトデザイン業界の最新技術を開拓し、デザイン開発を行っており、社会環境、経済、他の業界のデザインに対しても大きな影響力を持っている。

今年最も魅力的な車両のカラーデザインを表彰し、その考え方や成果を他業界や社会とシェアする機会を創出することにより、日本のカラーデザイン全体の向上を目指している。

<対象>
前年開催日の翌日~2015年12月末日までに、一般消費者が購入できる旨を発表した日本国内市場に向けて販売される車両のカラーデザイン。

<グランプリの審査視点>
・市場に影響を与えたか
・車両のカラーデザインとして企画/発想が優れているか
・デザインの企画/発想が他業種の手本となりえるか
・従来にない色域に挑戦して成果をあげているか
・新しい技術を効果的に採用しているか
・インテリアカラーがエクステリアカラーに調和しているか
・インテリアカラーが美しいか
・エクステリアカラーが美しいか

<審査委員>
・島村 卓実(Qurz〈クルツ〉Inc. インダストリアルデザイナー)
・松田 朋春(株式会社ワコールアートセンター チーフプランナー)
・大澤 かほる(一般社団法人 日本流行色協会 クリエイティブディレクター)

・メーカー代表 各社1名(10社)
スズキ株式会社/セージ・オートモーティブ・インテリア株式会社/ダイハツ工業株式会社/トヨタ自動車株式会社/日産自動車株式会社/富士重工業株式会社/株式会社本田技術研究所/マツダ株式会社/三菱自動車工業株式会社/ヤマハ発動機株式会社

・事前登録した一般来場者による投票結果も加算(人数限定)している。

●主催●
一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)(理事長:多田 和資〈大日精化工業株式会社 執行役員〉)

●共催●
横浜美術館(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)

●協賛●
旭化成せんい株式会社、大日精化工業株式会社、DIC株式会社、トーヨーカラー株式会社、長瀬産業株式会社

●後援●
経済産業省、国土交通省、横浜市、日本商工会議所、東京商工会議所
公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会、公益財団法人日本デザイン振興会、一般社団法人日本自動車工業会、日本自動車輸入組合、一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会、一般社団法人日本塗料工業会、一般社団法人日本自動車販売協会連合会

●協力●
日産自動車株式会社/スズキ株式会社/セージ・オートモーティブ・インテリア株式会社/ダイハツ工業株式会社/トヨタ自動車株式会社/富士重工業株式会社/株式会社本田技術研究所/マツダ株式会社/三菱自動車工業株式会社/ヤマハ発動機株式会社

WEBサイト: