スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)は、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を全面改良し12月20日より発売する。

今回発売する新型「ランディ」は、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ゆったりくつろげる広い室内空間を実現した。

2列目シートのロングスライドに加え、3列目シートにもスライド機構を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。

さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそのままノズルを差し込むことが出来る「キャップレス給油口」を新採用し使い勝手を向上させた。

車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備し安全装備を充実。アイドリングストップ時間の拡大などにより2WD車の燃費を向上させるとともに、新たに4WD車にスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を搭載した。なお新型「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。

新型「ランディ」の主な特長
1.ミニバンクラスNo.1の室内長と室内幅による進化した居住性と実用性
2.安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備
3.ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現

目標台数 1,200台(年間)
全国希望小売価格(消費税8%込み)

* 2WD車は前輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。
* カシミアグレージュパールメタリック、ブリリアントホワイトパール塗装車は42,000円高。
* ダイヤモンドブラックパール[スクラッチシールド加工]塗装車は54,000円高。

(1)ミニバンクラスNo.1の室内長と室内幅による進化した居住性と実用性
室内空間を拡大し、室内長3,240mmと室内幅1,545mmを実現。2列目シートの690mm超ロングスライドに加え、3列目シートにもスライド機構を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とし、荷室スペースの広さも確保して使い易くした。

3列目シート用後席左側パワースライドドアスイッチや、踏むだけで2列目シートが前方にスライドするフットペダルを採用し、スムーズな3列目シートへの乗り降りを可能とした。

2列目の左右シート間隔(220mm)により、2列目から3列目シート間のウォークスルーを容易に可能とした。
バックドアが2通りに開く「デュアルバックドア」を全車に設定。バックドアの上半分だけを開閉できるハーフバックドアを新たに採用することで使い勝手が向上した。
パワースライドドアに、開閉中に任意の位置で止めることが出来る一時停止機能を採用。

給油キャップが無い「キャップレス給油口」を新採用。キャップを回す必要が無く、給油を容易にし、手も汚れにくくした。

(2)安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備
先代のランディを継承し、「エマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱警報)、踏み間違い衝突防止アシスト、ふらつき警報、全方位モニター[MOD(移動物検知)機能付]」を全車に標準装備。
*LDW=Lane Departure Warning
*MOD=Moving Object Detection
車両進入禁止標識を検知し、ドライバーに知らせる「進入禁止標識検知」を全車に新採用。
車庫入れや縦列駐車を自動操舵で支援する「パーキングアシスト」を新採用。
SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグを新採用。

(3)ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現
アイドリングストップシステム時間の拡大、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)の採用により16.6km/L(2WD車)の低燃費を実現した。
スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を新たに4WD車にも搭載した。
全車エコカー減税の対象車とした。

(4)スタイリッシュで品格のあるデザイン
サイドウインドー下端部のデザインを伸びやかにすることでスポーティーな印象を高めるとともに、ドライバーの視界の良さも実現した。
フロントグリルは、外側に広がる2本のメッキバーを採用し、力強さとワイド感を表現した。ブラックの内装色を全車に採用した。
車体色は、新色のシャイニングブルーパールメタリック、カシミアグレージュパールメタリックを採用。白、銀、黒をあわせて全5色を用意した。

「ランディ」WEBカタログ
http://www.suzuki.co.jp/car/landy/
カタログ請求
https://krs.bz/suzuki/m?f=166