スズキ、GSX-Sシリーズの最新鋭モデル「GSX-S750 ABS」を発売


スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)は3月30日より、ストリートスポーツバイクのGSX-Sシリーズに750ccの新型モデル「GSX-S750 ABS」を追加・発売する。

「GSX-S750 ABS」は、2016年10月にドイツ・インターモトで発表したモデルで、低く構えたアグレッシブなスタイリングや、スーパースポーツバイク「GSX-R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする。

昨今のストリートスポーツモデルの販売好調に添って「GSX-S1000」に次ぐ、GSX-Sシリーズの新型モデルとして、一般公道での扱いやすさを追求した高出力の749cm3エンジンを搭載。

3段階から選択可能なトラクションコントロール、ラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用した。また、スポーティーな印象を与えるペータルブレーキディスクや、力強さを感じさせるテーパー形状のハンドルバーを装備した。

「GSX-S750 ABS」の主な特長

エンジン
一般公道での扱いやすさを追求した高出力(最高出力83kW/10,500rpm、最大トルク80Nm/9,000rpm)の749cm3直列4気筒エンジンは、「GSX-R750」ゆずりの高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現。

発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度等の情報を用いて、エンジン回転数をわずかに上げる「ローRPMアシスト」を採用し、発進・停車を繰り返す市街地走行などでの操作性を向上させ、平成28年国内新排出ガス規制に対応した。

デザイン
GSX-Rシリーズ直系エンジンを搭載したストリートスポーツバイクのGSX-Sシリーズに相応しい、低く構えたアグレッシブなスタイリング。

「GSX-S1000」と共通イメージの躍動感あふれるラインと、牙を模したポジションランプを装備したヘッドランプスタイル。

前後輪に花弁形状のペータルブレーキディスクや10本スポークのアルミ製キャストホイール、新パターンのブリヂストン社製タイヤを採用し、強力な制動力を発揮するラジアルマウントフロントブレーキキャリパーや新設計のスイングアームを装備するなど、スポーティーな印象を与える足回りで「走りの質感」を表現。
ハンドルが固定される中央部を大径化したテーパー形状により力強さを感じさせるハンドルバーとしている。

車体色は、黒/青「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、赤「パールミラレッド」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の3色を設定した。

装備
3段階から選択可能なトラクションコントロールは、前後輪の速度、スロットルポジション、クランクポジション、ギヤポジションの各センサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減。エンジン出力をより効率よく路面に伝達することが可能となり、より快適なライディングを楽しめる。

前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備した。

スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、ECMがスターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。また、ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能とした。

年間目標販売台数 400台

商品名などの概要とメーカー希望小売価格(消費税8%込み)
– 商品名GSX-S750 ABS
– エンジン4サイクル 749cm3
– 価格(円)969,840

「GSX-S750 ABS」WEBカタログ
 

カタログ請求
 

なお同車は、インテックス大阪で3月20日まで開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」に続き、3月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターサイクルショー」に出品される。

併せて「第44回東京モーターサイクルショー」へは、GSX-S750 ABS(参考出品車)に加え、スズキを代表するスーパースポーツバイク「GSX-R1000R」など、10モデルを参考出品する。

また、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」(1月27日発売)などの小排気量モデルから、「隼」などの大排気量モデルまで、スポーツモデルを中心に国内向け市販車9モデルが出品される。
展示車両(合計19モデル)
参考出品車(10モデル)
日本初公開(7モデル)
GSX-S750 ABS、GSX-S125、V-Strom1000 XT ABS、V-Strom650 ABS、V-Strom650 XT ABS、V-Strom250、BURGMAN(バーグマン)400 ABS
その他(3モデル)
GSX-R1000R
GSX-RR(MotoGP参戦車両)、RM-Z450WS(全日本モトクロス選手権参戦車両)
国内向け市販車(9モデル)
ジクサー(1月27日発売)、GSX250R(4月17日発売)、隼、GSX-S1000 ABS、GSX-S1000F ABS、SV650 ABS、GSR250、バーグマン200、アドレス110

モーターサイクルショー2017 スペシャルサイト: