スズキ「スイフト」が世界累計販売500万台を達成


スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)の小型乗用車「スイフト」が4月11日、同月4月上旬までの販売で、世界累計販売500万台を達成した。2004年11月の発売開始から実に11年5カ月での達成となった。

suzuki-swift-is-achieved-cumulative-worldwide-sell-5-million-units20160411-1

当初スイフトは、スズキの世界戦略車として開発され、2004年11月に発売されたが、この発売日に遡ることおよそ2年前から積極的にショーモデルを公開。車両デザインの洗練度を重層的に高めて、車両リリースに持ち込んでいる。

そうした開発姿勢を背景に、ライバルが犇めくBセグメント市場で独自の存在感を打ち出すことに成功。以来、日本をはじめ世界の国々で数多くのカーオブザイヤー賞を獲得。スポーティーな走りに対するこだわりも高評価を受けてきた。

suzuki-swift-is-achieved-cumulative-worldwide-sell-5-million-units20160411-3

そんな「スイフト」は、これまでに日本、ハンガリー、インド、中国、パキスタン、タイ等、各地複数拠点で生産され、ひとつのクルマで新興国市場へも提供される等、日本や欧州などの先進国市場にも広く受け入れられてきたクルマとしてもよく知られている。※現在では世界7カ国で生産され、これまでに140以上の国と地域で提供されている。

suzuki-swift-is-achieved-cumulative-worldwide-sell-5-million-units20160411-2

インドに於いては、2005年の発売以来、ディーゼル仕様やセダンタイプを追加するなど、インドの経済成長に伴う市場拡大に合わせて着実に販売台数を伸ばし、現在ではインドでの年間販売台数の約3割にあたる約43万台がスイフトで占めている。

なお世界累計販売500万台の内訳は、インド54%、欧州17%、日本10%、その他19%となっている。

「スイフト」の歴史
– 2004年11月 世界戦略車 初代「スイフト」日本で発表・発売
– 2005年2月 ハンガリーで生産開始
– 2005年5月 インドで生産開始
– 2005年6月 中国で生産開始
– 2005年11月 『2006年次 RJC カー オブ ザ イヤー』、
– 2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Fun」受賞
– 2007年5月 マレーシアで生産開始
– 2008年6月 世界累計生産100万台を達成
– 2009年11月 パキスタンで生産開始
– 2010年9月 2代目「スイフト」日本で発売
– 2010年11月 『2011年次 RJC カー オブ ザ イヤー』を受賞
– 2011年1月 世界累計販売台数200万台達成
2012年3月 タイで生産開始
– 2013年1月 世界累計販売台数300万台達成
– 2014年1月 ベトナムで生産開始
– 2014年8月 世界累計販売台数400万台達成
– 2016年4月 世界累計販売台数500万台達成

suzuki-swift-is-achieved-cumulative-worldwide-sell-5-million-units20160411-4

スイフト世界累計販売台数500万台達成特設ページ