スズキのSUV「ビターラ ブレッツァ」が、インド国内に於いてカー・オブ・ザ・イヤーの栄冠を獲得


スズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下、スズキ)のインド子会社・マルチ・スズキ社が製造販売する新型SUV「ビターラ ブレッツァ」が、インドのカー・オブ・ザ・イヤーである「Indian Car of the Year (ICOTY) 2017」を受賞した。

「ビターラ ブレッツァ」は、インドに於ける顧客の好みや価値観をより重視して開発され、2016年2月のオートエキスポ2016で発表したスタイリッシュな都市型のコンパクトSUVである。

その特徴は、力強いダイナミックなエクステリアと、充実した快適・安全装備、豊富な車体色、多様なオプションパーツを特長としている。

販売面では2016年3月の発売以来の累計で約8万3千台を販売し、インドのSUV市場でマルチスズキ社の販売を牽引するヒット商品となっている。

今年で第12回目となるICOTYは、インドで最も権威ある自動車賞のひとつであり、2016年に発売された19車種のうち、13車種が12月7日に行われた最終選考に残っていた。

インド自動車雑誌9誌、自動車評論家15名からなる選考委員は、価格、燃費、スタイリング、快適性、安全性、実用性、技術革新性、価格に見合う価値かどうかなどの要因に加え、インド人ユーザーとインドでの使用環境への適合性などの視点から今年のICOTYに「ビターラ ブレッツァ」を選出した。

And here’s the jury of the with the winning team and Chairman, Dr. Singhania

— ICOTY (@ICOTY_jury)

The winners of the team from receiving the award from Chairman & MD, Dr. Singhania

— ICOTY (@ICOTY_jury)