帝都自動車、ホンダ製FCV(燃料電池車)タクシーの運用を開始


燃料電池自動車のタクシー車両への本格普及に向けて実証実験を行い、走行データの収集に寄与していく構え

帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、社長:神子田健博)は、2017年7月4日より本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:八郷隆弘、以下ホンダ)の燃料電池自動車(以下、FCV)CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)のタクシー運用を開始する。

このプロジェクトは、FCVをタクシー車両として導入し、走行データ、運行地履歴等の解析を通して、将来的な研究開発に結びつける主旨に基づき実施されるもの。

なおこのFCVタクシー運用については、同社の他、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)を含めて4社が参加する。

帝都自動車交通が実証実現を行う運行エリアは、東京都特別区及び武蔵野市・三鷹市が対象となる。

帝都自動車交通はFCVの本格普及に向け、この取り組みを通し、データ情報をフィードバックすることで、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に貢献していく。

ちなみに同社は、グリーン経営認証※の企業であり、環境保全に向けた活動を積極的に行っている。

これを踏まえて同社では、「今回の取り組みを通して、今後も環境に優しい車両やサービスで、多くの皆様に「安全・安心」を提供できるよう取り組んでまいります」と述べている。

※ このグリーン経営認証とは、交通エコロジー・モビリティ財団が国土交通省と協力をし、タクシー事業など運輸業界が自ら環境保全の取り組みに関する活動を行い、一定レベル以上を超えた事業社に与えられる認証のことを指す。

燃料電池自動車「 CLARITY FUEL CELL 概要は以下の通り
クラリティ フューエルセルは、一充填走行距離※が約750km、一回あたりの水素充填時間は3分程度といったガソリン車と変わらない使い勝手や、セダンタイプのFCVとして初めての5人乗りを実現した居住性が特徴となっている。※ JC08モード走行パターンによるHonda測定値。

以下は帝都自動車交通の会社概要となる
名称: 帝都自動車交通株式会社
代表者: 代表取締役会社長 神子田健博
本社所在地: 東京都中央区日本橋1-21-5
ホームぺージ: http://www.teito-mot.com
設立:1938年4月1日
資本金:500,000,000円
従業員数:1,800名
主要事業: タクシー・ハイヤーによる一般乗用旅客自動車運送事業

企業Webサイト: