東京モーターサイクルショー2017のJAFブース、名車の音をハイレゾで聴ける特設コーナーを設置


JAF(一般社団法人日本自動車連盟・本部所在地:東京都港区、会長:矢代隆義、以下、JAF)は、3月24日~26日に開催される「TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2017」にPRブースを出展。併せて3月17日(金)よりホームページ内に特設サイトを公開した。


今回の出展ブースでは、40~50代の方には懐かしい「YAMAHA RZ350」と「DUCATI 900MHR」の実車を展示し、そのエンジン音や排気音を高音質のハイレゾで楽しめる特設コーナーを設置する。

また、JAFホームページのバイクユーザー向けコンテンツ「HappyBike!!」で公開している日本全国の絶景スポットを見に行くツーリング動画“絶景ツーリング”の出演者によるスペシャルトークショーもブース内のステージで開催。

イベント会場とWEBコンテンツの双方を訪れることで、より「TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2017」を楽しめる内容となっている。

さらに、国内のバイクメーカーと協力し、会場内の複数のブースを回ってクイズに答えると賞品を進呈するクイズラリーを実施。

JAFのブースだけでなくイベント全体を巡回して愉しめるコンテンツを用意している。

■特設サイト:  
■Happy Bike!! : 

展示車両以外の名車のハイレゾ音源はホームページでも聞ける
Webサイトでは、特設コーナーで聴くことができる「懐かしの名車」のエンジン音や排気音のハイレゾ音源は、上記2車以外もホームページコンテンツHappy Bike!!でも「ハイレゾで聴く名車図鑑」として公開中だ。