国土交通省、車両搭載センシング技術を活用した道路基盤地図データの収集実験を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、生産性革命プロジェクトに於いて特大トラック輸送の機動性強化を図るため、電子データを活用した自動審査システムを強化し、特車通行許可を迅速化する。

これを実現するため、道路管理用車両に搭載して効率的に道路基盤地図データを収集するためのセンシング技術の公募を、昨年2016年9月28日に実施。

これを元に翌2017年1月6日、応募企業による実験を開始した。

なお国土交通省では、今後収集するデータについて、自動運転の道路基盤地図への活用も検討していく。

【実験概要】
(1)国土技術政策総合研究所試験走路での走行実験

実験期間:
平成29年1月10日(火)~13日(金)

検証項目:
【基本要件】
主要地物(車道交差部の形状、区画線)の位置情報(緯度・経度及び標高)を3次元で取得できること及び位置情報(緯度・経度)を2次元で図化できることなど。
【期待する項目】
– 自動的に標準偏差25cm を満たす精度を確保できること。
– 導入コスト、運用コストも含め低価格であることなど。

(2)公道での走行実験

実験期間:
平成29年1月16日(月)~19日(木)
走行区間:
国道16号、国道126号(千葉県千葉市)

検証項目:
(1)の検証項目に加え、バス停、距離標、標識の位置情報を3次元で取得できること及び2次元で図化できること。
トンネル等の遮蔽物の影響の有無など。