国土交通省、新東名高速道路6車線化などに事業許可


国土交通大臣、高速道路会社への事業許可に加え、スマートインターチェンジの準備段階調査の採択を行う

平成30年8月10日、新東名高速道路(御殿場JCT~浜松いなさJCT)の6車線化およびスマートインターチェンジの新設について、道路整備特別措置法第3条に基づき国土交通大臣により高速道路会社へ事業許可を行った。
また、スマートインターチェンジについて、新たに6箇所で準備段階調査への採択した。

1.高速道路会社への事業許可
– 事業名
– 内容

1−1/6車線化関係
– 第二東海自動車道・横浜名古屋線/御殿場JCT~浜松いなさJCT間
– 車線数の増(6車線化)/NEXCO中日本

1−2/スマートインターチェンジの新設関係
– 北関東自動車道/壬生IC~宇都宮上三川IC
– 下野スマートIC(仮称)/NEXCO東日本(下野市)

– 中央自動車道長野線/安曇野IC~麻績IC
– 筑北スマートIC(仮称)/NEXCO東日本(筑北村)

– 日本海沿岸東北自動車道/中条IC~荒川胎内IC
– 胎内スマートIC(仮称)/NEXCO東日本(胎内市)

– 中央自動車道西 宮線/彦根IC~湖東三山スマートIC
– 多賀スマートIC(仮称)/NEXCO中日本(多賀町)

– 四国縦貫自動車道/川内IC~松山IC
– 東温スマートIC(仮称)/NEXCO西日本(東温市)

– 九州縦貫自動車道鹿児島線/鳥栖JCT~久留米IC
– 味坂スマートIC(仮称)/NEXCO西日本(福岡県)

近畿自動車道伊勢線/勢和多気IC~玉城IC
多気スマートIC(仮称)※民間施設直結スマートインターチェンジ/NEXCO中日本(多気町)

2.スマートインターチェンジの準備段階調査の採択
– 事業名
– 内容

– 東北縦貫自動車道弘前線/北上江釣子IC~花巻南
– IC 花巻PAスマートIC(仮称)

– 東北中央自動車道相馬尾花沢線/山形上 山IC~山形中央IC
– 山形PAスマートIC(仮称)

– 常磐自動車道/浪江IC~南相馬IC
– 小高スマートIC(仮称)

– 山陽自動車道吹田山口線/笠岡IC~福山東IC
– 篠坂PAスマートIC(仮称)

– 山陽自動車道吹田山口線/西条IC~志和IC
– 八本松スマートIC(仮称)

– 四国横断自動車道阿南四万十線/さぬき豊中IC~大野原IC
– 観音寺スマートIC(仮称)

3.スマートインターチェンジ※1新規事業化箇所 一覧
– スマートインターチェンジの名称(仮称)※2/連結位置
– 路線名/H30事業費(単位:百万円)※3

– 下野/栃木県下野市
– 北関東自動車道(壬生IC~宇都宮上三川IC間) /9百万円

– 筑北/長野県東筑摩郡筑北村
– 中央自動車道長野線(安曇野IC~麻績IC間)/9百万円

– 胎内/新潟県胎内市
– 日本海沿岸東北自動車道(中条IC~荒川胎内IC間)/9百万円

– 多賀/滋賀県犬上郡多賀町
– 中央自動車道西宮線(彦根IC~湖東三山スマートIC間)/9百万円

– 東温/愛媛県東温市
– 四国縦貫自動車道(川内IC~松山IC間)/9百万円

– 味坂/福岡県小郡市
– 九州縦貫自動車道鹿児島線(鳥栖JCT~久留米IC間)/9百万円

– 多気※4/三重県多気郡多気町
– 近畿自動車道伊勢線(勢和多気IC~玉城IC間)/-

※1 スマートインターチェンジとは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリアから乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、専らETCを搭載した車両が通行することを目的としたインターチェンジ。
※2 スマートインターチェンジの名称は仮称であり、正式な名称は、地元や利用者の意見等も踏まえて決定される。
※3 事業費は高速道路機構への補助対象分であり、地方が整備する高速道路の区域から既設の一般道路までの道路などは含まない。
※4 民間施設直結スマートインターチェンジ(高速道路と近傍に位置する大規模な物流拠点や工業団地、商業施設等の民間施設を直結するインターチェンジであり、民間企業の発意と負担により整備)

スマートインターチェンジ※1新規準備段階調査箇所 一覧表
– スマートインターチェンジの名称(仮称)※2/検討位置
– 路線名

– 花巻/PA 岩手県花巻市
– 東北縦貫自動車道弘前線(北上江釣子IC~花巻南IC間)

– 山形/PA 山形県山形市
– 東北中央自動車道相馬尾花沢線(山形上山IC~山形中央IC)

– 小高/福島県南相馬市
– 常磐自動車道(浪江IC~南相馬IC間)

– 篠坂/PA 岡山県笠岡市
– 山陽自動車道吹田山口線(笠岡IC~福山東IC間)

– 八本松/広島県東広島市
– 山陽自動車道吹田山口線(西条IC~志和IC)

– 観音寺/香川県観音寺市
– 四国横断自動車道阿南四万十線(さぬき豊中IC~大野原IC)

※1 スマートインターチェンジとは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリアから乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、専らETCを搭載した車両が通行することを目的としたインターチェンジ。
※2 スマートインターチェンジの名称は仮称であり、正式な名称は、地元や利用者の意見等も踏まえて決定される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。