昭和シェル石油グループのソーラーフロンティア、タイのシェルSSにCIS薄膜太陽電池を設置展開へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は1月16日、タイ王国に於いてシェルグループのサービスステーション(以下:SS)にCIS薄膜太陽電池を設置した。

施工は現地の太陽光発電EPC専門会社であるエナジープロコーポレーションが担当し、SS内の施設2か所の屋根に合計21.76kWを設置した。

ソーラーフロンティアによると、このCIS薄膜太陽電池が設置されたSSは、タイ王国中部に位置するチャチューンサオ県に新設されたもの。発電された電力はすべて自家消費され、環境配慮型の実現を可能にしていると云う。

併せて同社は今回の設置について、シェルグループがアジア太平洋地域に於いて進める大型プロジェクトの一環であると云う。

同プロジェクトは、環境配慮型SSの普及を目指すもので、その第一弾として今回の太陽光発電システム搭載のSSが誕生したとしている。

タイ王国に於けるシェルグループの代表者であるAsada Harinsuit氏は、「我々のプロジェクトの第一弾を、ソーラーフロンティアと協業できて嬉しく思います。

シェルグループは事業活動を通じて低炭素社会の実現を目指しています。

グループ内のノウハウ・技術力・革新力を生かし、より豊富でクリーンなエネルギーを模索することで、世界で拡大するエネルギー需要にお応えしていく考えです」と述べている。

一方、日本のソーラーフロンティアでは、「CIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境において優れた発電性能を発揮します。

タイ王国に於いては、強い日差しや雨季などを含め年間を通じて節電と環境負荷の低減に貢献することが期待されています。

また日本国内でも、昭和シェル石油系列のSS400カ所以上に設置されており、節電に貢献しているほか、停電時および自然災害の発生時に非常電源としての役割も期待されています。

ソーラーフロンティアは今後も、様々な地域や企業と協力し、太陽による快適でクリーンな暮らしを世界中のお客様にお届けしてまいります」と結んでいる。