ミツオカギャラリー麻布で富山県伝統工芸品展


株式会社光岡自動車(本社:富山県富山市、代表取締役社長:光岡章夫)は、ミツオカギャラリー麻布で富山県の伝統工芸品をはじめとする、ものづくり王国・富山が誇る「富山プロダクツ」選定商品を中心とした展示会を11月1日(日)まで開催している。

開催期間中、富山県の伝統工芸とコラボレーションして誕生した、コンセプトモデル「Viewt TOYAMA」(ビュート トヤマ)を特別展示する。

「Viewt TOYAMA」(ビュート トヤマ)は、地元富山の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。 そんな思いから富山の伝統工芸品である井波彫刻や越中和紙と共演することにより、他にはない富山のクルマとして誕生した。

同社では、「遊び心にあふれ、自由で、心から魅せられる車を作りたい」という思いのもと、最初から最後まで手作業を貫き単なる工業製品ではない作品を作っています。

そんなこだわりぬいたミツオカデザインだからこそ、伝統工芸品の魅力を引き立たせることができています。

今後は富山のみならず北陸、ひいては日本の魅力を世界中に発信し、皆が元気になれるような地域の産業が持つ魅力を再発見出来るコラボレーションカーを企画していきたいと考えています」と述べている。

○富山プロダクツ < >
富山県では、県内で企画または製造されている性能、品質及びデザイン性に優れた工業製品を富山プロダクツ選定商品として認定し、その販路開拓を支援している。

選定された商品を生産・販売する県内企業には、商品の紹介パンフレットの作成、各種展示会への出品について、富山県が支援を行うほか、表記の共通シンボルマーク『富山プロダクツ』の使用も認められます。 富山県では、これら選定商品を富山ブランドとして国内外に情報発信し、企業の販売開拓をバックアップする。

○展示予定作品 (敬称略 順不同)
– 獅子頭 井波彫刻師 : 高桑良昭 獅子頭
– 龍 井波彫刻師 : 山根清 パネル
– 獅子極薄彫装飾鞄 井波彫刻師 : 山根清 カバン
– 薔薇 井波彫刻師 : 山根清 カバン
– 立山ぐい吞み (L)、KAGO-スクエア-M、KAGO-スクエア-L(株)能作
「RED&WHITE」 アイスコーヒーカップ(株)織田幸銅器
– 「RED&WHITE」 モスコミュールカップ(株)織田幸銅器
– 「RED&WHITE」 SWEET CANDLE(ブラウンシュガー+シナモン)、MINT CANDLE(ペパーミント+グリーンティ)(株)織田幸銅器
– アクアリウムダンベル(500g)、アクアリウムダンベル(1kg)(株)竹中銅器
– まわりん (蝶)、どありん 遊 (花)、どありん 遊 (蝶)、りんごりん、ことりん (素)、(株)山口久乗
– copper coaster (5色組)(株)モメンタムファクトリーOrii
– すずがみ11×11(あられ、さみだれ、かざはな)(株)しまたに
– 15.0% アイスクリームスプーン、No.02 chocolate(株)
– MIKI URUSHI(赤)(黒)(株)タカタレムノス。
– 螺鈿ガラス 金杯(万華鏡 桜) 天野漆器(株)
– にぎり玉&つぼ押し棒、鏡餅(小) 、鏡餅(大) 嶋田工芸
– 和紙文庫箱「万華鏡」(株)桂樹舎