トヨタ自動車とパーク24、都内のカーシェアリング実証試験で合意

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなモビリティサービスを実現するための連携検討を開始

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)とパーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は4月3日、東京都心の一部でカーシェアリングサービスの業務提携を開始すると発表した。

これは、「移動の自由や楽しさ」と「安全・安心な移動」を誰もが享受できるモビリティ社会の実現に向け、トヨタのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を活用した新サービス開発を視野に入れたトライアル実施に関する内容となっている。

自動車業界が100年に1度の変革期にある中、クルマは従来の「所有」だけでなく、カーシェアリング等の「利活用」のニーズが高まっている。

両社はこれまで、すべての人が自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現したいという共通の志のもと、2015年4月からパーソナルモビリティを活用したシェアリングサービス「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」や「Times Car PLUS × Ha:mo」といった実証実験を実施するなど新しい都市型交通ネットワークの構築による自由な移動の提供、低炭素で快適な都市・まちづくりへの貢献に取り組んできた。

これを踏まえた今回の取り組みは、さらなる連携強化を視野に入れたトライアルの位置づけとなっており、パーク24のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の対象車両にトヨタの通信型ドライブレコーダー「TransLog」や、両社のカーシェアリング機器を搭載するもの。

車両数2万台以上、会員数90万人以上を抱える「タイムズカープラス」の運営を通じて、パーク24が構築したカーシェアリングサービスのオペレーションシステムをベースにトライアルから得られた情報をMSPFの構築・機能拡充につなげると共に、両社のノウハウを活かしながら「将来のモビリティサービス」の模索に加え、「車載端末・システム開発」に向けて両社で検証を行っていく。

これにより、車両の安全性向上・車両メンテナンスの効率化・無人化の推進などにつなげていきたいと考え。

なお4月に立ち上がるトヨタモビリティサービス株式会社(本社 : 東京都中央区、社長 : 村上秀一<トヨタ常務役員>)もこれに連携して取り組みを推進していく構え。

トライアルに使用する車両は「TOYOTA C-HR」60台、期間は2018年6月から2019年3月末までの10カ月間を予定している。

トライアル実施概要
期間 :2018年6月~2019年3月末
検証事項 :車両に搭載した車載器により各種情報を取得・活用し、オペレーション効率や安全性の変化について検証する。蓄積した情報はビッグデータとして管理し、情報分析にAIを活用することで精度・効率の向上を図る。
実施エリア :東京都内
導入車種 :TOYOTA C-HR
台数 :60台