トヨタ自動車、仏・ルマンで出力1000馬力の市販車開発を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA GAZOO Racing、GRスーパースポーツコンセプトの市販化で開発着手計画を初披露

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)傘下のレーシングブランド「TOYOTA GAZOO Racing」は6月15日(金)、フランス・ル・マン24時間レースの開催会場で、参戦マシンベースのスポーツカー、GRスーパースポーツコンセプトを公開。市販に向けた開発に着手したことを正式発表した。

この「GRスーパースポーツコンセプト」は、FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレーシングマシン「TS050 HYBRID」とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカーである。

このコンセプトマシンが世界初披露となったのは、今年の東京オートサロンの会場であったが、以来半年を迎え、いよいよ市販化への開発に向けて着手していることを世界に向けて公表したもの。

車両は、実戦で鍛えられたV6ツインターボチャージャーや、トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)をパワーユニットとして搭載。この高効率のEVシステムと、希薄燃焼エンジンの組み合わせにより735kW/1000psの出力をトヨタ製市販車で実現させる。

この出力ユニットの熱効率(システム効率)は既に50%を実現しており、現在、市販化に向けて更に高い値を目指して開発を進めていると云う。

なおこのGRスーパースポーツコンセプトは、今季のル・マン24時間レース期間中、会場内ファンビレッジのTOYOTA GAZOO Racingブースに展示されている。具体的な展示期間は、6月16日(土)から、6月17日(日)までの期間限定となる。

車両とその計画を発表したTOYOTA GAZOO Racing(GAZOO Racing Company)は、「GRスーパースポーツコンセプトはWECに参戦しているレーシングマシン「TS050 HYBRID」の技術を活かし、次世代のスーパースポーツカーを目指します」と述べている。

またGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏は、「『思いっきり走らせてあげられなくてゴメン・・・』これは昨年のル・マン24時間レース直後に、社長の豊田が発したメッセージです。

トヨタのマシンを信じて、命をかけてレースに臨んでくれたドライバー達、また、トヨタを心から応援してくれたファンの皆様に向けた、償いの言葉でした。

『トヨタは、速いマシンはつくったが、ル・マンを24時間走りきれるマシンは出来ていなかった』この豊田が下した厳しい結論を起点に、我々はこの1年間、24時間を走りきるために必要なことは何か、もう一回ゼロから徹底的に突き詰め、多くの改善をこなして来ました。

チーム全員の努力のお陰で今季は、マシンもチームも、これまでで最もよい状態にあると確信しています。

トヨタがこの6年間、WECに挑んできた目的は、レースに勝つためだけではなく、世界最先端のハイブリッド技術とEVシステムの開発を推進し、究極の環境性能と、突出した走行性能を、高次元で両立させることでもあります。

そして、レーシングマシンTS050 HYBRIDの魅力を、可能な限りダイレクトに、そして扱いやすくした、スーパースポーツカーを世に出すことが、トヨタのWEC参戦を意義深いものにすると考え、このGRスーパースポーツのプロジェクトをスタートさせました。

市販車両をレベルアップしてスポーツカーをつくるのではなく、現役のレーシングカーからスポーツカーをつくるという、トヨタにとっては、全く新しい挑戦です。

次の100年も、クルマを徹底的に面白くする。そのための挑戦はまだ始まったばかりですが、お客様の笑顔のために、自動車産業の未来のために、TOYOTA GAZOO Racingは、心ときめくクルマづくりに拘り続けて行きたいと思います」と発表会の壇上で話していた。

GRスーパースポーツコンセプト車両概要
パワートレーン:
エンジン型式 /V型6気筒直噴ツインターボチャージャー
エンジン排気量 /2,400cc
パワーユニット:
最高出力/(エンジン+ハイブリッドモーター) 735kW/1000ps
ハイブリッドシステム /トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)
ホイール:
サイズF /18 x 13J
サイズR /18 x 13J
タイヤ:
サイズF /330/710R18
サイズR /330/710R18