トヨタのFCV、ミライ(MIRAI)タクシー名古屋市で運用開始


名鉄交通株式会社(本社:名古屋市中川区西日置二丁目3番5号、代表取締役社長:河原英穂、以下、名鉄交通)並びに、つばめ自動車株式会社(本社:名古屋市中区栄一丁目21-17、代表取締役:天野清美、以下、つばめグループ)を筆頭に16社で運用する「つぱめグループ」の2法人は、1月22日に、中部・名古屋エリアで初導入となるトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「ミライ(MIRAI)」を導入。

toyota-fcv-the-start-of-operation-in-the-mirai-taxi-nagoya20160123-3

両社は、いずれも3台を法人車両として買い入れ、そのうち2台を、予約制の中型タクシーとして運行を開始した。運賃は、通常の中型タクシーのメーター料金となる。

また、両社共に残り1台のミライは、中型ハイヤーとしての運行を開始している。ハイヤー仕様のミライは、ブラックペイントの中型ハイヤーとして時間貸しにて運行される。

toyota-fcv-the-start-of-operation-in-the-mirai-taxi-nagoya20160123-2

ミライは、標準仕様にタクシー運用のための装備を追加したもの。

従って、室内は全席にシートヒーターを備えており、家庭用と同じコンセントを備えているため、走行中にパソコン等の電気製品も利用可。トランクルームは、ゴルフバッグ2個+ボストンバッグ2個程度が収納可能だ。

なおミライは、通常購入に於いても受注から納車まで3年近く掛かるとされ、さらに燃料としての水素を補給できるステーションが少なく、運行場所並びに目的地への往復によると燃料切れとなる可能性もあるため、両社共に、基本的に流し営業は行わず、運航先などを確認した上での予約制としての運行となった。

車両の待機場所は、名古屋駅前の大名古屋ビルヂング、ミッドランドスクエア1階タクシーベイ、市内主要ホテル等としている。

ちなみに国内に於けるミライのタクシー運用は、2015年3月25日、福岡市の双葉交通(代表取締役:豊島博子)、福岡昭和タクシー(代表取締役:金子直幹)、第一交通産業(代表取締役:田中亮一郎)、福岡西鉄タクシー(代表取締役:都合慎一)、姪浜タクシー(代表取締役:瀬尾亮二)が都合5台の運用を開始している。

toyota-fcv-the-start-of-operation-in-the-mirai-taxi-nagoya20160123-4 toyota-fcv-the-start-of-operation-in-the-mirai-taxi-nagoya20160123-6

今回の名古屋に於ける両社の予約窓口は以下の通り。
– 名鉄交通、TEL:0120:0120-381-235、電話予約時間・平日9:00~17:30

– つばめグループ、TEL:052-203-0020、電話予約受付時間・月~土9:00-17:00/ E-mail :[email protected]

※予約の際は目的地を明示する。
※利用日の前日までに予約が必要。